“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

ベガルタの主将、不動のCBとして。
大岩一貴「今季は恩を返す年だと」

posted2019/02/22 16:30

 
ベガルタの主将、不動のCBとして。大岩一貴「今季は恩を返す年だと」<Number Web> photograph by Takahito Ando

昨年は主将3人制を敷いていたベガルタ仙台。今季は大岩一貴ひとりで主将を務めることが発表されている。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

「昨季を一言で振り返ると『悔しい』という言葉しか出てきません」

 ベガルタ仙台のCB大岩一貴は2018年シーズンをこう表現した。

 2016年にジェフユナイテッド市原・千葉から仙台にやって来た大岩は、加入1年目からリーグ33試合に出場。翌2017年に34試合、そして昨年は33試合出場。ここ3年間でリーグ戦全102試合中100試合に出場をするという、仙台に欠かせない不動の存在になっている。

 さらに一昨年はルヴァンカップベスト4、昨年は天皇杯準優勝と、チームの躍進に貢献しており、彼の存在は渡邉晋監督だけでなく、サポーターからも大きな信頼を得ていると言っていいだろう。

 だが、そんな彼から出て来た言葉は「悔しい」の一言だった。

 その言葉の裏側には、大岩一貴という1人のプロフェッショナルな男が背負っている、重い責任が存在した。

「昨年は失点が多かった。正直、コンディションに苦しんだ時期もありました。一切言い訳にならないけど、その中で自分がトップフォームだったらもっと防げただろうと思うシーンもいくつかあった。僕はCBとしての責任を全うし切れたとは言えないんです」

「3バックの真ん中とGK」の責任。

 昨年の仙台はリーグ14位タイの54失点。確かに多い部類に入る。

 だが、失点は1人だけのせいではない。前線でボールを奪われてカウンターを受けたり、ボランチがマークを外してCBの位置で数的不利になるなど、単純にCBだけに責任があると言えない失点がサッカーでは多いのである。

 それでも……負うべき責任があるんだ、と大岩は言う。

「一昨年の途中から3バックの真ん中をやるようになったことが大きいんです。僕の中で失点の大きな責任は、3バックだと真ん中の選手とGKにあると思っているんです。

 4バックだとCBの2枚とGKで責任を負うけど、3バックは違う。3バックの真ん中は『ゲームを変えられる存在』でなければいけないと思うんです。たとえ数的不利でも1人で守れる、セットプレーで決めれる、キックで打開できる……。それをやることができれば、失点をもっと減らせるはずなんです」

【次ページ】 8失点を浴びた「地獄」。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大岩一貴
ベガルタ仙台
ジェフユナイテッド千葉
渡邉晋

Jリーグの前後のコラム

ページトップ