SCORE CARDBACK NUMBER

J1を熱くする日本人指揮官。代表監督候補として一考を。~優勝監督は6年間連続で日本人~ 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/02/21 15:00

J1を熱くする日本人指揮官。代表監督候補として一考を。~優勝監督は6年間連続で日本人~<Number Web> photograph by KYODO

就任4年目の昨季、中村俊輔が加入したチームを6位に導いたジュビロ名波監督。34試合で30失点の堅守だった。

「日本と欧州の価値観は違うわけだから日本人を教えるという観点に立てば、もう欧州ばかりに目を向ける時代ではないんじゃないか」

 これは名古屋グランパスを率いる風間八宏監督がサッカー解説者時代に、日本人指揮官の可能性について語った言葉である。

 昨季、リーグ初優勝を飾った川崎フロンターレの攻撃サッカーは風間がしっかりと土台をつくり、バトンを受けた鬼木達監督が整備したもの。「MADE IN JAPAN」で築いたまさに独自のスタイルである。

 これで日本人指揮官のJ1制覇は6年連続となった。'12年、'13年の森保一を皮切りに、長谷川健太、森保(3度目)、石井正忠、鬼木といずれも40代で優勝を成し遂げた。若い実力派監督が次々に登場してきている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 562文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

風間八宏
鬼木達
長谷川健太
名波浩

Jリーグの前後のコラム

ページトップ