ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

何かのファンになることは苦しくて愉しい。~ヤクルトの全試合をイラストにし続けた男~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2016/03/06 06:00

何かのファンになることは苦しくて愉しい。~ヤクルトの全試合をイラストにし続けた男~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『プロ野球画報2015 東京ヤクルトスワローズ全試合』ながさわたかひろ著 雷鳥社 1600円+税

 ながさわたかひろは、まさに執念の男である。ヤクルトスワローズ10人目の選手を自称する彼は、美術家として6年間にわたりスワローズの全試合をイラストレーションで記録。そのとんでもない情熱と持久力は、『プロ野球画報2015 東京ヤクルトスワローズ全試合』という集大成をつくりあげた。

 B5用紙とペンと色鉛筆。これだけが、ながさわの武器だ。1試合につき1枚ずつ、試合のハイライトを丁寧に描写。それを誰に頼まれたわけでもないのに欠かさず続け、毎シーズンオフには球団事務所に作品を報告する。査定と来シーズンの契約をお願いするのが彼の活動だ。目指すは、球団と契約を交わしプロ野球選手になることである(絵かき部門の)!

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 339文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

俺たちのJ 2016その先の世界へ――。
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ