SCORE CARDBACK NUMBER

低迷するキャブスで光る、
ジェイミソンのプロ意識。
~NBAに響く“Let It Be”~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2011/01/29 08:00

低迷するキャブスで光る、ジェイミソンのプロ意識。~NBAに響く“Let It Be”~<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

派手なスタイルではないが、得点力、リバウンド力に加えてスピードもある万能型の選手

 マイアミ・ヒートのレブロン・ジェイムスいわく、彼らは“ヒートルズ”なのだという。ビートルズのように、どの街に行っても注目される存在というわけだ。その喩えで言えば、去年夏にジェイムスに去られたクリーブランド・キャバリアーズ(以下キャブス)は、差し詰め、ジョン・レノンとポール・マッカートニーが抜けたビートルズだろうか。

 昨季はリーグ最高成績の人気チームだったキャブスだが、今季は注目されなくなり、成績も、1月18日現在リーグ最下位の8勝32敗と、一気にリーグ底辺まで落ちた。12月は1回しか勝てず、年が明けてからも、1月11日ロサンゼルス・レイカーズ戦で記録的な55点差の敗戦という屈辱を味わうなど、惨憺たる状況だ。故障が相次いでいることも不振の一因とはいえ、あらためてジェイムスの存在の大きさを感じさせられる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 551文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

天才プレイヤーの創り方。~欧州サッカー育成最前線~

関連記事

アントワン・ジェイミソン
クリーブランド・キャバリアーズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ