SCORE CARDBACK NUMBER

敵愾心と敬意が交錯する、
好敵手同士の熱き戦い。
~NBA伝統の対決が復活した夜~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2011/02/09 06:00

敵愾心と敬意が交錯する、好敵手同士の熱き戦い。~NBA伝統の対決が復活した夜~<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

セルティックスのピアスはチーム最多となる32得点を挙げ、エースとしての貫禄を見せた

 1月30日、昨季NBAファイナル第7戦に敗れて以来7カ月ぶりに、ボストン・セルティックスが敗戦の地、ロサンゼルスのステープルズセンターに戻った。天井近くに高く掲げられたレイカーズ史上16枚目のNBA優勝バナーは、7カ月前の戦いの結末を示していた。

「あのときの痛みはまだ消えない」と、セルティックスのエース、ポール・ピアスは言う。13点のリードを取りながら逆転され、目の前でレイカーズに優勝を奪い取られた悔しさは、過去のことと簡単に切り捨てられることではなかった。3年前のNBAファイナルでセルティックスが優勝する様子を目の前で見せ付けられたレイカーズが、その悔しい思いを長い間忘れられなかったのと同じように。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 609文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

アジア杯激闘録。~ザックジャパン総力特集~

関連記事

ロサンゼルス・レイカーズ
ボストン・セルティックス

バスケットボールの前後の記事

ページトップ