プロ野球PRESSBACK NUMBER

内海哲也は西武でも謙虚な好青年。
天狗になりかけたプロ1年目の改心。

posted2019/01/26 09:00

 
内海哲也は西武でも謙虚な好青年。天狗になりかけたプロ1年目の改心。<Number Web> photograph by Kyodo News

西武第二球場での自主トレを公開した内海。ランニングや遠投、ノックで汗を流した。

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 朝7時に自宅を出発し、慣れない道をひたすら走る。到着したのはこの時期、通い慣れたジャイアンツ球場ではなく埼玉・所沢にある西武第二球場だ。朝8時から約2時間、9種目のウェートトレーニングで汗を流し、その後、内海哲也は報道陣が待ち構えるグラウンドに姿を現した。

 約50名の報道陣が内海の一挙手一投足を見つめる。カメラのシャッター音が鳴り響く中、ダッシュ、ランニング、キャッチボールと、淡々とメニューを消化していく。

 現在、続けているウェートトレーニングは昨年、巨人のトレーニングコーチが組んでくれたメニューだという。

「昨シーズン、ジャイアンツの久村さん(浩・育成担当フィジカル統括)に鹿屋体育大学の研究施設でピッチングフォームの動作解析をしてもらったんです。自分のピッチングフォームを細かくチェックしたら、自分の弱いところがわかりました。そこを強化するメニューを作ってもらって、昨年11月から続けています」

 両足ではなく、片足ずつのスクワットや、同じく片足でのジャンプ、静止などを繰り返す動作で、下半身と体全体のバランスを整えている。動作解析を取り入れて、トレーニングを見直したのは、まだまだ成長したいという向上心の表れだ。

初日からブルペンに入るつもり。

 西武ライオンズの施設での練習初日、すべてのメニューを終えたあと、こう語った。

「(自主トレーニング先の)奄美大島は暖かかったので、寒い場所に戻ってきて慎重に体を動かしました。毎年なんですけど、気温差を考慮して、あまり飛ばし過ぎないように、特に初日は気を付けて体を動かしています」

 奄美ではキャッチボールの延長で、傾斜のある場所での投球練習をスタートしている。

「キャンプ初日から投げられる体は作ってきました。毎年、初日からブルペンに入るつもりでトレーニングはしています」

 力強く語った。

【次ページ】 「まずは人間関係から」

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

内海哲也
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ