“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

2019年パ新人王争いを予想してみる。
有力は大卒で層の薄い投手陣の……。

posted2019/01/26 11:00

 
2019年パ新人王争いを予想してみる。有力は大卒で層の薄い投手陣の……。<Number Web> photograph by Kyodo News

西武のドラフト1位となった松本航。菊池雄星が抜けた穴を埋める役割を果たしたい。

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph by

Kyodo News

2月1日にキャンプインするプロ野球。2019年のルーキー、有望株の中から誰が新人王となるのか。どこよりも早く大胆予想しました! 第1回はパ・リーグ編です。

 今シーズンのセ・パ新人王争いも楽しみな面々が並んでいる。過去10年、セ・パ両リーグで新人王に選出されたのは投手14人、野手6人。それぞれの内訳はこのようになる。

<投手:14人>
大学卒11人、社会人出身3人
ドラフト順位:1位7人、2位4人、3位以下3人。

<野手:6人>
大学卒4人、社会人出身2人
ドラフト順位:1位2人、2位1人、3位2人、育成枠が1人だ。

 最も多く新人王になっているのはドラフト1、2位の大学卒、社会人出身投手だが、今年はそれが9人しかいない。その代わり、新人王が生まれていない高校生野手のドラ1が7人いるのから、今年の新人王予想は難しい。

 ルーキー以外に目を向けると、すでに在籍している中から選出される可能性がある。2年目以降の新人王資格は次の通りだ。

・支配下選手に登録されてから5年以内
・投手は前年まで一軍で30イニング以内
・打者は前年まで一軍で60打席以内

 これらの条件を踏まえて、まずはパ・リーグの選手たちを見ていきたい。

松本航を本命に推したい。

 ドラフト1位の大学卒投手は松本航(西武)と甲斐野央(ソフトバンク)がいる。2人のうち新人王候補の本命に推したいのは松本だ。

 菊池雄星がマリナーズに移籍して投手陣が手薄になったというのが最大の理由だが、松本が在籍している首都大学リーグが昨春からリーグ戦で球数制限を実施していることも大きい。

 最優秀投手に輝いた昨秋は8試合に登板して投げたイニングは40回。チームメートの東妻勇輔(ロッテ2位)も27回3分の2。大学4年時の投球イニングの少なさはプロでは追い風になると思う。

【次ページ】 リリーフ向きの甲斐野と東妻。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松本航
東妻勇輔
板東湧梧
竹安大知
永野将司
安田尚憲

プロ野球の前後のコラム

ページトップ