プロ野球PRESSBACK NUMBER

内海哲也は西武でも謙虚な好青年。
天狗になりかけたプロ1年目の改心。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/01/26 09:00

内海哲也は西武でも謙虚な好青年。天狗になりかけたプロ1年目の改心。<Number Web> photograph by Kyodo News

西武第二球場での自主トレを公開した内海。ランニングや遠投、ノックで汗を流した。

まずは1年間一軍で働く。

 昨シーズン阪神タイガースから移籍し、2桁勝利を挙げた榎田大樹の名前が比較として挙がるのも、内海に対する期待の表れだ。

「もちろん、そういう(2桁勝利)成績が残せたら最高だと思いますが、ここ数年、2桁、勝てていないですし、1年間通して一軍で投げていないので、不安もあります。まずは1年間通して、一軍で働けるよう努めます」

 昨年は5月に一軍昇格し、7月には先発で4年ぶりとなる完投、完封勝利も挙げた。「自主トレーニングでの調整も順調」と、着々と復調の兆しは見えている。

 勝利数だけではなく、内海の野球に取り組む姿勢や、周囲に与える影響に期待がかかる理由に、納得した公開自主トレーニングの1日だった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
内海哲也
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ