欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

風雲急を告げるプレミアCL争い。
ロンドン勢の不安とマンUの逆襲。 

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph byUniphoto press

posted2019/01/27 08:00

風雲急を告げるプレミアCL争い。ロンドン勢の不安とマンUの逆襲。<Number Web> photograph by Uniphoto press

ケインが負傷してしまったトッテナムと、ポグバが完全復調したユナイテッド。プレミア後半戦は風雲急を告げている。

守りは相変わらず脆いが。

 もちろん、ユナイテッドは守りが弱い。33失点は昨シーズンの総数28をすでに上回り、世界屈指のGKダビド・デヘアをもってしても防げないような脆さまで露呈する。

 しかし、スールシャール登場でチームのムードは一変した。練習中の表情も明るく、まもなくマルシャルが、そしてポグバも契約を更新する予定だ。もし、監督がモウリーニョのままだったら、数人の主力は移籍を決意していただろう。

 いま、3、4位争いの局面が急速に変わりつつある。ロンドン勢が落ち込み、マンチェスターの“大物”が割り込んできた。現状を重視すれば、ユナイテッドが瞬く間に3位に浮上。そのままフィニッシュしたとしても不思議ではない。彼らには、勢いがある。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

トッテナム
マンチェスター・ユナイテッド
アーセナル
チェルシー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ