スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

大坂なおみが「感情の揺れ」を克服。
かつてお手本にしたプリスコバ超え。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/01/24 18:10

大坂なおみが「感情の揺れ」を克服。かつてお手本にしたプリスコバ超え。<Number Web> photograph by AFLO

敗戦後も感情をあらわにせず、淡々とコートを去ったプリスコバ。しかし試合の中では大坂の方が冷静だった。

大坂のメンタリティが完全に一流に。

 もう少しで欲しいものが手に入りそうなのに、つかみきれない。そのもどかしさ。感情がラケットにたたきつけられる。

 するとアンフォーストエラーが2本続き、大坂は苦しいゲームをキープする。

 プリスコバのネガティブなサインは、負の連鎖を生む。そのまま第3ゲームが始まり、プリスコバは第2セットの大坂と同様、なんとラブゲームでのブレイクを許してしまった。

 ブレイクチャンスは「両刃の剣」なのだ。

 そのチャンスを逃すと、自分のサービスゲームが始まるまでに気持ちを整えなければ、自らピンチを招くことになる。わずか数分間の感情の揺らぎが、タイトルの行方を左右する。

 トロントで、プリスコバのスタイルから学びを得てから17カ月。

 プリスコバとの4度目の対戦を見ると、大坂のメンタリティは紛れもなくトッププロのものになった。

 揺らぎの少ない、プリスコバをグランドスラムの舞台で仕留めたのだから。

<テニス開幕特集>ラブゲームで行こう。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 970

<テニス開幕特集>
ラブゲームで行こう。

大坂なおみ×錦織圭

【独占インタビュー】 高橋大輔/村田諒太/吉田輝星/森保一

定価:本体546円+税目次ページへ

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大坂なおみ
カロリナ・プリスコバ

テニスの前後のコラム

ページトップ