“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

J2山口の第2GKがフロンターレに。
下剋上を狙う藤嶋栄介の愛され力。

posted2019/01/23 17:00

 
J2山口の第2GKがフロンターレに。下剋上を狙う藤嶋栄介の愛され力。<Number Web> photograph by Takahito Ando

GKにはセービング以外にも様々な資質が必要とされる。藤嶋栄介の人間力をもってすれば川崎の水にもなじむはずだ。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 覚悟の移籍は彼のプレーと人間性が引き寄せたものだった。1月7日、レノファ山口に所属していたGK藤嶋栄介の川崎フロンターレへの期限付き移籍が発表された。

「レノファとの契約を更新した数日後に『フロンターレから話が来ている』と言われてびっくりしました」

 突然のオファーだった。すでに山口でもう1年プレーをする事が決まっており、新たなシーズンに意欲を見せていたときに急にやって来たJ1王者からのオファー。

「一度、『来年も山口で一緒に戦います』と残ると決めたのに、それを覆すことはいかがなものかと。レノファには昨シーズン(2017年シーズン)に、所属チームがない状況で拾ってもらって、試合経験を積ませてもらった大きな恩がある。J1昇格やプレーオフ進出に貢献できなかったのに、ここでフロンターレに行く決断をするのはどうかと……。でも、なかなかないオファーだということも理解していて、正直かなり迷った」

霜田監督からも後押し。

 しばらく自分で考え込んだ後、大きく揺れ動いた藤嶋は、霜田正浩監督に電話を入れた。

 当然のようにオファーのことを知っていた霜田監督は「おう、栄介か。決断したのか?」と電話に出るなり、いきなり尋ねてきた。

 驚いた藤嶋は「山口で一緒に戦いたいですが……チャレンジしたい気持ちが大きいです」と素直な心の内を口にした。

 この言葉を受けて、霜田監督が発した言葉が、彼の背中を後押しした。

「レノファの監督としては出したくないが、こんな素晴らしいオファーは断っちゃダメだ。この移籍は、いち監督としては困るが、1人のサッカー人としては誇らしい。去年レノファで栄介が途中までやれていたこと、途中から出来なかったことを、フロンターレでさらに上のレベルで磨いて行くことで、もっと成長出来るきっかけにもなるぞ」

 川崎への移籍を決意した藤嶋は、土肥洋一GKコーチ、名塚善寛コーチにもすぐに電話を入れ、決断を伝えた。

「土肥さんは『絶対にフロンターレだったら成長できる。去年レノファで成長して試合に出た結果だから、次のステージでもう1つ結果を残せばさらに先が見えてくる』と言ってくれた。名塚さんは『常に謙虚さを持ってやれば、見ている人は見ているし、こういう良いことがあるから』と言ってくれた。コーチ陣全員に電話したら、背中を押してくれた」

【次ページ】 '17年終了後には無所属状態も。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

藤嶋栄介
川崎フロンターレ
レノファ山口
霜田正浩

Jリーグの前後のコラム

ページトップ