“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

J2山口の第2GKがフロンターレに。
下剋上を狙う藤嶋栄介の愛され力。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/01/23 17:00

J2山口の第2GKがフロンターレに。下剋上を狙う藤嶋栄介の愛され力。<Number Web> photograph by Takahito Ando

GKにはセービング以外にも様々な資質が必要とされる。藤嶋栄介の人間力をもってすれば川崎の水にもなじむはずだ。

林彰洋という最高のライバル。

 プロ生活最大のチャンスを掴み獲るべく、最強のチャレンジャーとしての心持ちで彼は川崎にやって来た。この覚悟と意欲の裏側には彼が尊敬して止まない、ある選手の存在があった。

「チョン・ソンリョンさんはサイズ、力強さに経験もあって、文句なしの選手。鳥栖のアキ(林彰洋、現・FC東京)くんクラスのでかい壁であることは間違いありません。でも、あの時の僕と今の僕は違う。

 あの時は本当に僕が甘かった。同じポジションの選手なのに『自分より完全に上手い選手』と思ってしまった。『この人に勝ちたい』という気持ちもありましたが、心のどこかで『どうせこの人には勝てない』と勝手に思ってしまっていた」

 日本を代表するGKの1人である林は、藤嶋にとって意識的に“超えられない壁”だった。しかしお互いが移籍して離ればなれになってからも、林は自分を気に掛けてくれた。

「アキくんは『栄介のパワーと身体能力があれば、俺以上に届く範囲があるんだよ。お前の中にある持っている能力を全部引き出せるようになれば、お前は絶対にもっと上のレベルでやれるんだ』と言い続けてくれた。彼は本当にストイックで、ずっと自分のプレーを分析していて、なおかつ後輩の面倒見も良い。かつてのライバル選手から、ここまで心に響く言葉をかけてくれる人はいないと思った。

 アキくんは僕が成長することで、自分も成長できると思っている。いい加減、僕もそれに応えないといけない。今はもう“超えられない壁”と一切思っていない。逆に『どうやって(正GKを)奪ってやろうか』というメンタリティーです。鳥栖や昨年の経験を活かす時が来たと思っています」

 すべての経験を力に変えて、正GKの座を掴み獲り、尊敬する林彰洋と同じステージに立つべく。日本一のクラブで挑む、プロ6年目の藤嶋栄介の下剋上がいよいよ幕を開ける。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

藤嶋栄介
川崎フロンターレ
レノファ山口
霜田正浩

Jリーグの前後のコラム

ページトップ