ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

トルシエ「日本はまだ50%の力」
サウジ戦は今大会初の真剣勝負。

posted2019/01/21 11:30

 
トルシエ「日本はまだ50%の力」サウジ戦は今大会初の真剣勝負。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

「優勝のタイトルを持ち帰ることが目標」と宣言した森保監督。森保ジャパンの真の実力は、まだ発揮されていない!?

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph by

REUTERS/AFLO

 日本がアジアカップのグループリーグ突破を果たした。トルクメニスタン、オマーン、ウズベキスタンを相手に3戦全勝という結果を、フィリップ・トルシエはどう見ているのだろうか。ハノイ郊外にいるトルシエに話を聞いた。

――試合は見ましたか?

「ああ、見た」

――今日もこの前のオマーン戦に続き、練習試合の様相を……。

「いや、先発したメンバーを考慮する限りそうとはいえない。森保監督はほぼすべての選手を入れ替えた。そこを考えたとき、ウズベキスタン戦はクオリティの高い試合だった。ディシプリンに溢れた本気の戦いだったしパッションもあった。チームは自信に溢れてもいた。

 ここまでプレーしていなかった選手たちが、強い連帯意識とディシプリン、一体感を持って戦った。ボールを保持して自分たちから仕掛けるという哲学のもとに、テクニカルなプレーを実践してとても興味深かった。スタメン出場の機会がなかった選手たちが挙げた素晴らしい勝利だ。日本はこの勝利でグループを首位で通過し、なおかつターンオーバーもうまく成し遂げたわけだ」

“偉大な日本”はまだ見せてない!?

「日本のグループリーグを総括すれば、監督のマネジメントが際立ち、リーグ戦をうまく戦いきった。すべての選手が戦いに参加して3連勝。決勝トーナメントに向けて入念な準備ができたリーグ戦だった。

 ただ、日本はまだ真の姿を見せてはいない。

 つまり対戦相手は“偉大な日本”を目にすることはなかった。

 彼らが対戦したのはしっかりと準備をした本気の日本ではあったが、それは同時にラボで試行錯誤中の日本でもあった。試合に向けてキッチリと準備はしたが、日本はすべての力を発揮する必要はなかったからだ」

――そうかも知れません。

【次ページ】 日本はターンオーバーを成功させた。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

フィリップ・トルシエ
森保一

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ