“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

瀬戸内と尚志の独特さって何だ?
選手権準決勝でユース教授が注目。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakhito Ando

posted2019/01/11 07:00

瀬戸内と尚志の独特さって何だ?選手権準決勝でユース教授が注目。<Number Web> photograph by Takhito Ando

尚志に所属する世代別代表FWの染野。東北勢対決で青森山田を撃破できるか。

「最弱世代」が「最強世代」より上位!?

 もちろん、組み合わせに恵まれた部分があることは、彼らも分かっている。

「結果的には『最強世代』(インターハイベスト8)を『最弱世代』(選手権ベスト4進出)を超えましたが、やっぱりまだあの世代より技術的にも、精神的にも劣っていると思います。

 実際、安部さん達は本当に意識が高くて、練習のレベルも高かった。それをずっと間近で見てきたので、僕らには『本当に強いチームとはどういうものか』が分かっています。少しでも近づけるように、準決勝までしっかりと準備をしていきたい」

 佐々木の言葉には、非常に強い意思を感じることができた。

 瀬戸内の準決勝の相手は流通経済大柏。これまで今大会で戦って来たチームより、ワンランク上のチームであることは間違いない。

流通経済大柏戦こそ真価が問われる。

 流通経済大柏は、鹿島アントラーズ入団内定のCB関川郁万、多彩なアタックを持つMF熊澤和希と攻守に全国トップレベルの柱を擁し、さらに、驚異の反射神経を誇るGK松原颯汰、ずば抜けた守備センスを誇るボランチの藤井海和とハイレベルな1年生選手までもが躍動するチームだ。選手層も厚く、90分間(準決勝から90分ゲーム)息が抜ける瞬間はないだろう。

 だからこそ、彼らの真価が問われる一戦になるし、この試合に勝利をすれば、真の「波乱」が起こる、と言える。

 ぶれることなく、コツコツと一丸となって積み上げて来た4-3-3が機能し、初のファイナリストまで駆け上がることができるのか――万全の準備を期して、昨年度のインターハイ優勝、選手権準優勝校に挑む。

【次ページ】 尚志は「波乱の主役」なのか?

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

瀬戸内高校
流通経済大柏高校
尚志高校
青森山田高校

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ