メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

筒香、菊池、秋山のメジャー願望を
難しくする、FA時点での年齢問題。

posted2019/01/13 11:30

 
筒香、菊池、秋山のメジャー願望を難しくする、FA時点での年齢問題。<Number Web> photograph by Kyodo News

筒香嘉智はトレーニングにもアメリカ式を早くから取り入れ、メジャーへの意欲を表明している。

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph by

Kyodo News

『逆風は嫌いではなく、ありがたい。

どんなことも、逆風がなければ次のステップにいけないから』

――イチロー

 今オフ、DeNAベイスターズの筒香嘉智を筆頭に、広島東洋カープの菊池涼介や西武ライオンズの秋山翔吾が、将来的に「メジャー挑戦」の意思があることを表明した。

 たった3人ではあるが、日本人野手が何人も「メジャー挑戦」の意思を明らかにするのは珍しい。イチロー(と新庄剛志)以降の数年間、松井秀喜や松井稼頭央、井口資仁や城島健司らが「メジャー挑戦」を果たした頃を思い出す。

 大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)の活躍で何かが変わったのだろうか。それとも「世界を目指す」機運みたいなものが生まれているのだろうか。理由は分からないが、大谷のようにアマチュア時代から「世界」を目指す若者もいるぐらいだ。そんなに驚くようなことではないだろう。

 十人十色とは言うけれど、「メジャー挑戦」の表現は違う。日本メディアの各報道によると、彼らはそれぞれこう言ったそうだ。

「小さい頃からの夢。そういう思いがあることを伝えた」(筒香)

「野球をやっている以上、トップのレベルでやりたい。僕もその1人」(菊池)

「来年1年しっかりやった上で、どういう感情があるか」(秋山)

来年実現しても、秋山は32歳。

 少し気になるのは、彼らの「メジャー挑戦」が実現する時の年齢だ。

 最年長の秋山は1988年生まれの現在30歳。菊池は1990年生まれの28歳。そして筒香は1991年生まれの27歳である。彼らは今季、日本でプレーすることが決まっているので、来年に「メジャー挑戦」が実現するとしたら、それぞれ32歳、30歳、29歳になっている。

 それで思い出すのは、今から4年前、福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩内野手が、海外FA権を取得して「メジャー挑戦」するという話になった時のことだ。

 日本の報道によると、当時32歳の松田には幾つかの球団が興味を示し、サンディエゴ・パドレスが2年総額4億円(3年目は球団オプション)のメジャー契約を提示したとされている。

 年俸2億円のFA選手というのはメジャーではかなり安い方の部類に入る。松田は結局、4年総額16億円プラス出来高払いでホークスに残留し、「メジャー挑戦」を諦めたが、その決断を責めることは誰にもできないだろう。

【次ページ】 青木宣親は「格安」の契約だった。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

イチロー
筒香嘉智
菊池涼介
秋山翔吾

MLBの前後のコラム

ページトップ