“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

1年に守護神を奪われた3年がJ内定。
流通経済大柏GKのドラマ性が凄い。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/01/09 11:00

1年に守護神を奪われた3年がJ内定。流通経済大柏GKのドラマ性が凄い。<Number Web> photograph by Takahito Ando

練習中に笑顔を見せる猪瀬康介(左)と松原颯汰。流通経済大柏での切磋琢磨がお互いを高める。

即戦力のGKが入るらしいぞ。

「選手権をベンチから見ていて、2年生でこの舞台を間近に経験できることはありがたかった。でも(関川)郁万、熊澤(和希)、西尾(颯大)は試合に出ていて、うらやましいと思っていた。だからこそ、来年は自分がピッチに立って優勝したいと思ったし、ベンチだけど選手権を経験したメンバーとして、自分達がチームの中心になって、どうチームを引っ張っていくかを考えていた」

 守護神として1年を過ごすために。猪瀬は相当な気持ちを持って臨んでいた。副キャプテンにもなり、自分だけでなく、チームのことにも気を配らないといけない立場になった。

 しかし、スタートの段階でいきなりピンチが訪れた。

「即戦力のGKが入って来るらしい」

 高2秋の段階でその噂は部内に飛び交っていた。

 伊佐GKコーチからも「危機感を持ってやらないと、試合に出られなくなるぞ」と言われていたが、その時は猪瀬も新入生加入の話に「背はそんなに大きくはないと聞いていたし、自分も中学から高校に上がって、慣れるのに時間がかかった。さすがにいきなり出るほどの力はないだろう」と思っていた。

負傷と松原の抜擢が重なる。

 だが松原が入学すると、猪瀬は自らの考えの甘さを痛感した。

「選手権後(松原は)何度か練習に参加していたのですが、いきなりみんなの前でびっくりするようなセービングをした。決定的なピンチもスーパーセーブをする姿を目の当たりにして……。キックでは負けていないけど、GKとして一番大事なのは、失点をしないこと。その面で自分より上だと感じた。伊佐さんの言葉は本当だったと痛感したんです。とんでもないのが入って来るぞと……」

 それと同じ時期に、猪瀬は高校に入って2度目の怪我となる左足骨折を負い、手術も経験した。復帰間際の3月には福岡でサニックス杯があったが、猪瀬は大事を取って千葉に残り、代わりに松原が遠征に帯同された。

 そのサニックス杯では松原がゴールマウスに立ち、全国の強豪と堂々と渡り合った。筆者も新入生GKのレギュラー抜擢、そして落ち着きぶりとセービングの上手さを見て驚いたほどだ。その活躍は当然、猪瀬の耳にも届いた。

「松原がスーパーセーブを連発していることを聞くたびに、これ以上聞きたくないという気持ちになったし、言葉では言い表せないくらい悔しかった。サニックスから帰って来たAチームの選手達が部室で『松原すごいな』、『あいつ半端ないわ』という会話を何度もしていて、自分の無力さというか『俺は一体何をしているんだろう』と……。まさかまだ入学前の松原にスタメンを取られるとは予想もしていなかった」

【次ページ】 スタメン復帰と手術の連続。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

流通経済大柏高校
猪瀬康介
松原颯汰

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ