“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

1年に守護神を奪われた3年がJ内定。
流通経済大柏GKのドラマ性が凄い。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/01/09 11:00

1年に守護神を奪われた3年がJ内定。流通経済大柏GKのドラマ性が凄い。<Number Web> photograph by Takahito Ando

練習中に笑顔を見せる猪瀬康介(左)と松原颯汰。流通経済大柏での切磋琢磨がお互いを高める。

松原のサポート役に徹して。

 猪瀬自身も成長を実感していた。「とにかくシュート練習でも紅白戦でも、全ての練習で、1本、1本のシュート、セービングを意識した。これまでは何気ない1本のシュートでも、触れるはずのボールを触りにいかなかったりした。でもそれを“何が何でも止めてやる”という気持ちで、とにかく食らいついた」

 この気持ち1つで、守備範囲がどんどん広がっていくと実感した。それは精神的な成長にも繋がった。松原に対しての接し方だ。選手権予選はすべて松原が先発だったが、猪瀬は彼のサポート役に徹した。

「これまでは、周りが松原を認めている現実を認めたくない気持ちがあって、チームが勝って嬉しい気持ちはあっても、悔しい気持ちの方が大きかった。でも同じGK、同じチームなので、一緒に戦っていかなければ、という気持ちが芽生えました。チームの勝利を第一に考えて、松原がいい雰囲気で試合に臨めるように心がけたんです。

 彼はまだ1年生なので控えめな部分もあるけど、『お前は流通経済大柏の看板を背負っているんだから、堂々と戦え』と声を掛けましたね。また松原がミスしたさいに僕は声を掛けてこなかったけど、選手権予選以降は真っ先に声を掛けるようになりました。でも、それは当たり前のことで、これまでの自分が子供だったんですが」

練習参加と関川からのエール。

 そんな猪瀬に朗報が届いた。12月5日から7日の3日間、猪瀬は琉球の練習に参加することになったのだ。沖縄に発つ前日、すでに鹿島加入が内定している関川から猪瀬はこんな声を掛けられた。

「明日頑張ってこいよ。掴んだチャンスは絶対に放さないこと」

 猪瀬の努力と苦悩を知っている関川からもらった言葉は、大きく背中を押してくれた。

「これがラストチャンスだと思ったし、『ここで掴めなかったら、本当にサッカーを辞めよう』と懸けていた」

 猪瀬以外にも2人のGKが練習参加していた。ゲーム形式での3日間で、彼はわずか2失点と安定感を披露した。最終日には琉球の監督やGMなど関係者の前で無失点のプレーを見せ、見事に内定を勝ち取った。

「今までで一番良いプレーができた。それは腐らずにきちんと準備していたから。チャンスが来ても腐っていたり、現実から目を背けているままだったら、このプレーは絶対にできなかった。(内定の)連絡が来た時は凄く嬉しかったし、涙が止まらなかった。やっぱり試合に出ていなくても、とにかく腐らずに頑張れば良いことがあるんだと痛感しました」

【次ページ】 控えは恥ずかしいことじゃない。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

流通経済大柏高校
猪瀬康介
松原颯汰

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ