“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

1年に守護神を奪われた3年がJ内定。
流通経済大柏GKのドラマ性が凄い。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/01/09 11:00

1年に守護神を奪われた3年がJ内定。流通経済大柏GKのドラマ性が凄い。<Number Web> photograph by Takahito Ando

練習中に笑顔を見せる猪瀬康介(左)と松原颯汰。流通経済大柏での切磋琢磨がお互いを高める。

控えは恥ずかしいことじゃない。

 そして迎えた高校最後の選手権。猪瀬はベンチから松原をサポートしている。準々決勝の秋田商戦、スタメンが選手入場と集合写真を終えると、猪瀬は松原のもとに駆け寄り、ベンチコートを受け取る。そしてこう言葉をかけた。

「今日も頼むぞ」

 ベンチでは真剣な表情でピッチを見つめ、アップも黙々と入念に行う。弱かった過去の自分はもうそこにはなかった。

「3回戦の星稜戦で松原がビッグセーブしていなかったら、結果が違ったかもしれない。松原が良いプレーをできるように試合前やハーフタイム、練習で積極的に声を掛けている。毎日松原と深く話すようになりました」

 これから先、GKを続ける以上は避けて通れない現実。ましてや彼はこれからプロの世界に飛び込むのだから、より残酷さは増す。だが、高校でこの経験を味わい、苦しみながらも立ち振る舞った期間は、間違いなく彼の大きな財産になる。

 1年生にレギュラーを奪われた控えGKがプロになる。

「恥ずかしいことではないと思っています。どんな状況になっても諦めないでプレーすれば良いことがあるし、突然来たチャンスをつかめる。僕を通して後輩にそれを感じてもらいたいです。それにまだ選手権は残っていますから、まだまだ諦めませんよ」

 選手権はまだ続いている。残り2試合、彼がピッチに立つ可能性だって十分にある。それが訪れようが、訪れまいが、彼は彼のままであり続ける。

 それがこの3年間で学んだことの“真実”だからだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5 6

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

流通経済大柏高校
猪瀬康介
松原颯汰

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ