野球クロスロードBACK NUMBER

波乱万丈だった東北楽天の2018年。
新監督と共に冬を越え芽吹きを待つ。

posted2018/12/27 11:30

 
波乱万丈だった東北楽天の2018年。新監督と共に冬を越え芽吹きを待つ。<Number Web> photograph by Kyodo News

ホームスタジアムの今季最終戦。大勢の観客に感謝の念を伝えた平石洋介監督代行(当時)。新監督の思いは、確かにファンに伝わった!

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 毎年恒例、Number Web版“プロ野球・ゆく年くる年”企画は、全12球団の反省と期待を綴る短期集中連載シリーズ。今年もそれぞれの愛すべきチームについて、しっかりと2018年、そして2019年への思いを発表したいと思います。
 第1回は、星野仙一球団副会長の逝去、梨田昌孝監督の辞任など波乱万丈の2018年シーズンだった東北楽天ゴールデンイーグルスです!

 主将の嶋基宏が真摯に頭を下げる。

「本当に、すみませんでした」

 選手会長の岡島豪郎が、悔しさを押し殺しながら声を張る。

「今年もたくさん応援してくれて感謝していますし、申し訳ない気持ちでいっぱいです」

 5年ぶりの優勝を誓った楽天にとって、まさか、まさかの2018年だった。

 '17年は前半戦首位ターン。9月の連敗地獄を乗り越え、3位で迎えた西武とのクライマックスシリーズ・ファーストステージで、初戦を落としながら連勝。ファイナルステージでも初戦から連勝と、王者ソフトバンクをビビらせ、恐れおののかせ、そして本気にさせた。その後3連敗で“史上最大タイ”の下剋上は果たせなかったものの、翌年への機運を高めた……はず、だったのだ。

 なのに、'18年は最下位に甘んじてしまうだなんて、誰が予想したことか……。並々ならぬ戦闘態勢でシーズンに挑んだのに。

楽天を襲った、闘将の旅立ち……。

 プロ野球にとっての「正月」である2月1日から1カ月ほど前、本当の正月三が日を過ぎた4日、楽天に激震が走る。

 燃える闘将の旅立ち。

 '13年、監督として球団創設初の日本一へと導き、全東北が涙した。翌年限りで職を降りた後も、球団副会長としてチームに闘争心を植え付けた。「ファンから野次られるくらいじゃないとダメだ。甘えるな!」。そんな昭和気質の楽天の父・星野仙一が天に召され、仙台、宮城、東北、日本が悲しみに暮れた。

 プロ野球の正月。現役時代から星野にかわいがられ、闘魂を受け継ぐ梨田昌孝監督の顔が引き締まる。そこには、ダジャレで周囲の笑いを誘う好々爺の姿はない。

「お前たちの言い分は聞かない。今年はやるしかないんだ!」

 ロッテとの開幕戦。延長12回に藤田一也が「落ちろ、落ちろ!」と叫ぶ。念が通じたライト前への決勝適時打。激戦をものにした。

 <日本一の東北へ>

 断固たる決意のスローガン。

 想いは、ひとつのはずだった。

【次ページ】 負の連鎖が続き、梨田監督辞任へ。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

平石洋介
梨田昌孝
東北楽天ゴールデンイーグルス
嶋基宏
岡島豪郎
星野仙一
松井裕樹
福山博之
ゼラス・ウィーラー
カルロス・ペギー
小谷野栄一
後藤武敏
石井一久
藤田一也
則本昂大

プロ野球の前後のコラム

ページトップ