オリンピックへの道BACK NUMBER

怪我で棄権の勧めを断った宇野昌磨。
「僕の生き方です」と言い放ち、優勝。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2018/12/27 16:30

怪我で棄権の勧めを断った宇野昌磨。「僕の生き方です」と言い放ち、優勝。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

フリーの最後、思わず出たガッツポーズ。全日本フィギュアは、自分を信じ切れてなかった己との戦いでもあった。

逆境の中で、自分を信じ抜いた!

 今大会で得た貴重な経験は、次につながる……とも感じているという。

「今シーズン、『自分を信じる』というテーマを掲げながらなかなかそれが成し遂げられない、自分を信じることが難しいなと悩んでいたんですけど……。

 アクシデントの中でも、だからこそ、自分を信じることができた。その経験を今季後半の試合にいかせたらな、と思います」

 優勝により、来春の世界選手権代表の座を手に入れた。

「(昨シーズンの)世界選手権に限らず、2位という結果がしばらく続いているので、1位になるために自分を信じて、いい演技をして、いい結果が出せるように頑張りたいです」

 自身のスタンスを貫き通す、それが宇野昌磨の魅力でもある。

 今大会でも、コーチらの提案に耳を傾けさえすれ、最終的には己の信念を貫いた。その中でつかんだ収穫とともに年を越し、世界一を視野に入れつつ、新しい年を迎える。

関連記事

BACK 1 2 3 4
宇野昌磨
樋口美穂子
山田満知子

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ