【NSBC補講I】 池田純のスポーツビジネス補講BACK NUMBER

『グラゼニ』凡田夏之介vs.池田純氏。
球団買収には野球協約、球史を知るべし! 

text by

池田純

池田純Jun Ikeda

PROFILE

photograph byNumber/Morning

posted2018/12/27 07:00

『グラゼニ』凡田夏之介vs.池田純氏。球団買収には野球協約、球史を知るべし!<Number Web> photograph by Number/Morning

この2人が組めば、いつの日か……『グラゼニ 球団オーナー編』が誕生するかも!?

いつか『グラゼニ 球団オーナー編』を!

池田「さて……どうですか、夏之介選手? セカンドキャリアのイメージは見えてきましたか?」

夏之介「だめだ……池田さん、やっぱりぼく、まだまだ不安です」

池田「今日、ここでいろいろと考えたこと自体が、一歩前進ですよ。夏之介選手には、まだまだ長い現役生活が待っています。ときどき、こういったことを思い起こしながら、しっかりと現役を続けてください。僕で良ければ、これからも相談していただければいつでもお答えします。

 まずは、今後の夏之介投手の活躍を祈っています。試合、見に行きますよ」

夏之介「ありがとうございます! ぜひ仙台にいらしてください!」

 夏之介のプロ野球選手としてのキャリアは、これからもまだまだ続く。でも、その先のことを考えること、まずはそのことが、セカンドキャリアへの第一歩であることを知った夏之介だった。

 夏之介が、球団オーナーになる日――その日こそ、『グラゼニ 球団オーナー編』がスタートする日、なのかもしれない。

『グラゼニ ~パ・リーグ編~』1話目はコチラから
http://morning.moae.jp/lineup/970

▶「Number Sports Business Collegeはこちら

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

凡田夏之介
横浜DeNAベイスターズ
池田純

プロ野球の前後のコラム

ページトップ