【NSBC補講I】 池田純のスポーツビジネス補講BACK NUMBER

『グラゼニ』凡田夏之介vs.池田純氏。
球団買収には野球協約、球史を知るべし! 

text by

池田純

池田純Jun Ikeda

PROFILE

photograph byNumber/Morning

posted2018/12/27 07:00

『グラゼニ』凡田夏之介vs.池田純氏。球団買収には野球協約、球史を知るべし!<Number Web> photograph by Number/Morning

この2人が組めば、いつの日か……『グラゼニ 球団オーナー編』が誕生するかも!?

人望や人脈も評価の対象となる。

夏之介「僕も、対戦相手の研究は欠かしません。自分の投げている感覚ももちろん大事にしたいけれど、相手のデータがあるなら知っておきたいですよね。

 チームのアナリストやキャッチャーとコミュニケーションをとりながら、年俸だけじゃなくて、得意なコース、苦手なコース、最近の調子などを頭に叩き込んで、ベストの準備をした上で対戦したいなといつも思ってます。それと同じですね!」

池田「そう。準備ができたら、あとはひたすら、球を投げ込むがごとく、正しい順番で、ターゲットと面会の機会を持ち、あの手この手でこちら側の熱意を伝えていくんです」

夏之介「そうすることで、何が起きるんですか」

池田「少しずつ、本当に少しずつですけど、話を聞いてくれる人が増えてきます。やがては球団オーナーさんとも話ができるようになって、プロ野球という狭い社会の中に入ることができるのです。そこからも、正しい手順でコトを進めれば、球団買収への道は必ず開けてくるはずです」

夏之介「なるほど……。そうなってくると、裏道はなさそうですね。いろいろと根回しの準備も大変だし。でも、正面からぶち当たるだけでは、門は開かなそうです」

池田「そうなんです! だいぶビジョンが共有できてきましたね。あとは、どれだけ多くの人に、夏之介選手とメジャーのスター選手が組んだファンドを信用してもらえるか。

 それは、まさに夏之介選手の、野球選手としてのキャリアだけでなく、人望や人脈も評価の対象となるわけです。

 あいつはしっかり現役時代、自分の役割を全うしていたな、とか、不遇の時代にも腐らずに努力を続けていたな、とか、後輩選手をしっかり面倒見ていたな、であるとか」

夏之介「うわ……。そういうところも見られてしまうのか……」

 夏之介は、ふと我が身を振り返ってみた。渡り歩いた球団は、メジャーリーグを除けば3球団目。前に所属していたスパイダース、モップスの人たちは、自分をどのように見ているだろう。モップスは僕の中継ぎとしての能力は買ってくれていたが、先発をやりたかったから他球団に移籍しようとした。古巣であるスパイダースについては、昨年移籍の誘いを受けたが断っている。悪印象は持たれていないよな??? うーん……わからない……。

【次ページ】 いつか『グラゼニ 球団オーナー編』を!

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

凡田夏之介
横浜DeNAベイスターズ
池田純

プロ野球の前後のコラム

ページトップ