フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

GPファイナル2位だった宇野昌磨。
世界の頂点を狙う、次のステージへ。

posted2018/12/12 16:30

 
GPファイナル2位だった宇野昌磨。世界の頂点を狙う、次のステージへ。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

異常なプレッシャーの中でもきっちり優勝できる選手に……その覚悟を決めた宇野の横顔。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 12月6日からカナダのバンクーバーで開催されたGPファイナル。羽生結弦が負傷で欠場となったこの大会で、男子はアメリカのネイサン・チェンがタイトルを守り、宇野昌磨が2位。初出場の韓国のチャ・ジュンファンが3位に入った。

 トップ2人は昨シーズンと同じ結果になった。

 もっとも今回の男子フリーでは、残念ながら胸のすくようなノーミスの演技を見ることができなかった。

 優勝したチェンも、フリーで4ルッツの転倒などのミスがあった。

「この大会に来られたこと、タイトルを守ることができたことはとても光栄に思う。でもルッツを失敗したことは悔しい。次の試合までに、きちんと修正していきます」と語ったチェン。

 総合282.42でSP、フリーともトップを保ったまま2年連続となる優勝を果たした。

2年連続2位となった宇野。

 宇野昌磨はSPでは4フリップが回転不足で着氷が乱れたが、その後4+2トウループと3アクセルは成功して2位に立った。

 フリーでは、冒頭の4サルコウがダウングレードで両足着氷になり、次の4フリップはきれいな着氷に見えたが、回転不足の判定を受けた。

 中盤で盛り返していったが、3アクセル+1オイラー+3フリップの最後で手をついた。フリー183.43、総合275.10で2年連続の銀メダルとなった。チェンもSP、フリーともミスがあっただけに、優勝できなかった悔しさは少なからずあっただろう。

「決して良い演技ではなかった。今シーズン試合が終わるたびに同じような感想を述べていて、今回こそはという気持ちで挑んだんですけど、あまりうまくいかなかった。最初のサルコウを失敗してからも、気持ちを崩さずにフリップ、トウループときめたところはよかったけれど、最後のコンビネーションジャンプはできればきれいにきめたかったです」と、宇野は演技を振り返った。

【次ページ】 「自分を信じる難しさ」と宇野。

1 2 3 4 NEXT
宇野昌磨
ネイサン・チェン
チャ・ジュンファン
羽生結弦

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ