フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

紀平梨花16歳、GPファイナル頂点。
驚くほど完成度の高い新女王誕生。

posted2018/12/10 17:00

 
紀平梨花16歳、GPファイナル頂点。驚くほど完成度の高い新女王誕生。<Number Web> photograph by Akiko Tamura

16歳の新女王となった紀平梨花。ザギトワ(左)とトゥクタミシェワを含めた顔ぶれに、新時代を感じる。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Akiko Tamura

 フィギュアスケートの顔ぶれはわずか1年で、がらりと変わることは珍しくない。だがこの表彰台の顔ぶれを予言したものは、おそらく誰もいなかったのではないか。

 2018年バンクーバーGPファイナルで、女子の表彰台の頂点に立ったのは16歳の紀平梨花だった。

 シニアGP大会デビューだったNHK杯では、フリーで3アクセルを2度成功させて優勝。2戦目のフランス杯でも2位から逆転優勝を果たしてGPファイナル進出を決めたとき、彼女のファイナル優勝は現実味を帯びたものとなった。

SPで3アクセル成功で今季最高点。

 紀平はSPで、NHK杯とフランス杯で失敗した3アクセルをみごとに成功させて、満場のスタンディングオベーションを獲得。82.51という今季の最高スコアを出してトップに立った。

「リンクに立った時は特にGPファイナル、大舞台という意識はしないで、自分の演技をいかに集中して、完璧に滑れるかということに集中した。得点は想像以上の点が出て本当に嬉しい。これから点を見て伸びしろがあるか確認して、どこを伸ばしたいのか考えていきたいと思います」と会見で堂々とコメントした。

5年ぶりの日本女子タイトル。

 フリーでは、冒頭の3アクセルで両手をつくが素早く立ち直り、3アクセル+2トウループを着氷。残りをノーミスで滑り切った。濱田美栄コーチの手を握って心配そうに得点を待ったが、150.61という数字が出ると嬉しそうな笑顔になった。

 233.12という今季のGP大会での女子最高得点を出して優勝決定。2013年の浅田真央以来、5年ぶりに日本にGPファイナル女子金メダルを取り戻した。

「(アクセル)1つ目にミスがあっても2つ目は切り替えて集中することができた。ほとんど後悔がない演技ができたので、終わったときは最初に嬉しさが出ました。今回は緊張も集中に変えられるようになったなと思いました」

 シニアに上がった時に、昨年までのような失敗は絶対にしたくないと誓ったという紀平。

「昨シーズンの経験で(気持ちの)切り替えがうまくいった。ミスがあっても他の部分で評価してもらえたのが嬉しい。あきらめずにやってきてよかったと思いました」

【次ページ】 パトリック・チャンが絶賛。

1 2 3 4 NEXT
紀平梨花
パトリック・チャン
アリーナ・ザギトワ
エリザベータ・トゥクタミシェワ
坂本花織
宮原知子

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ