沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

チャンピオンズカップも主役は3歳馬。
「砂のアーモンドアイ」の大物感。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/12/01 09:00

チャンピオンズカップも主役は3歳馬。「砂のアーモンドアイ」の大物感。<Number Web> photograph by Kyodo News

3歳ながらすでにダートの王者感を漂わせるルヴァンスレーヴ。名前の由来はフランス語で「風立ちぬ」。

実は今年GIまだ1勝のデムーロ。

 さらに仮定の話をつづけると、もし勝てば、JRA・GI初制覇となるのだが、南部杯と前々走のジャパンダートダービーの統一GI2勝につづき、今年のGI3勝目となる。そうなると、JRA賞の最優秀3歳牡馬のタイトルも見えてくる。

「競馬の祭典」と呼ばれる日本ダービーを勝ったワグネリアンより高く評価されるかどうかは微妙だが、勝ち方によっては、「一番強い3歳牡馬はこれだ」という声が高まってくるかもしれない。

 先週のジャパンカップまで、外国人騎手が7週連続GIを勝っている。しかし、そこにデムーロの名はない。今年は春の大阪杯優勝以降GI勝ちはなく、秋は菊花賞でハナ差の2着、JBCレディスクラシックで頭差の2着、エリザベス女王杯で3着、マイルチャンピオンシップで頭差の2着、ジャパンカップで3着と、GIでは惜敗がつづいている。

 今回は「天敵」クリストフ・ルメールの騎乗馬がない。鬼の居ぬ間ではないが、意地を見せたいところだろう。

 ということで、印を。

◎ルヴァンスレーヴ
○オメガパフューム
▲ケイティブレイブ
△サンライズノヴァ
×サンライズソア
注パヴェル

唯一の海外馬パヴェルも怖い。

 相手筆頭は、これも勢いのある3歳馬オメガパフューム。鞍上はクリスチャン・デムーロなので、デムーロ兄弟のワンツーフィニッシュとなるか。

 オメガが2着だったJBCクラシックを勝ったケイティブレイブも確実に首位争いをしそうだ。同馬主のサンライズノヴァとサンライズソアも安定している。

 唯一の外国馬パヴェルも、恐ろしく層の厚いダート王国アメリカのGIホースで、今年のドバイワールドカップ4着なのだから、かなり強い。状態もよさそうで、左回りの中京だけに軽視できない。招待レースではないのに使いに来た本気度だけでも充分「買い」の材料になる。

 先週のジャパンカップ同様、これは、強い馬がどんな勝ち方をするか「見るレース」のような気がする。

 本命から買ってプラスにするには、相手を絞らなければならない。1点だけ買うとしたら、ルヴァンスレーヴとオメガパフュームの馬連か。万が一の事態に備え、パヴェルの単複も買っておきたい。

関連記事

BACK 1 2
ルヴァンスレーヴ

競馬の前後の記事

ページトップ