ファイターズ広報、記す。BACK NUMBER

吉田輝星と柿木蓮の“深夜ラン”と
新星に大志を託したスタッフの思い。

posted2018/11/26 17:00

 
吉田輝星と柿木蓮の“深夜ラン”と新星に大志を託したスタッフの思い。<Number Web> photograph by Kyodo News

「少年よ大志を抱け」で有名なクラーク博士像の前でポーズをとる新入団選手。1位吉田と5位柿木は甲子園決勝で投げ合った。

text by

高山通史

高山通史Michifumi Takayama

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 大志は宿った、と願いたい。

 11月23日。気温は、氷点下。凍てついた夜だった。

 札幌市の中心部を流れる豊平川沿いの歩道。ところどころ凍った路面を、明らかに恐々とした足取りで走る2人がいた。

 ドラフト1位吉田輝星投手とドラフト5位柿木蓮投手。

 今夏の甲子園決勝、金足農業高校と大阪桐蔭高校。マウンドを分け合い、戦った準優勝投手と優勝投手。北海道日本ハムファイターズ、来たる2019年のルーキーである。

 時系列を、巻き戻す。

 その日は、札幌市で新人入団発表を開催した。報道陣向け、その先にいるファンの方々へと所信表明をするセレモニーである。

羊ケ丘展望台でクラーク博士と。

 お披露目の場所は札幌ドームに近い、北海道を代表する観光名所の1つ「さっぽろ羊ヶ丘展望台」。有名なクラーク博士像が設置されたスポットである。訪れる多くの観光客が右手を掲げる同じポーズを、新人8選手も真似して、フォトセッションを実施した。その後、札幌市内のホテルで記者会見を開いた。

 その直前には、正式契約も結んでいた。指名選手にとっても、同行した家族の方々にとっても、球団にとっても節目の日である。

 他球団の方々、また周囲からよく尋ねられることがある。

 新入団発表等の会場についての当方のこだわりについて、である。

 会場の選定は、小職が所属する広報部にある程度任されている。

 M部長が発起人で2014年から、その流れができたのだ。

2014年=札幌市時計台
2015年=北海道庁赤れんが庁舎
2016年=豊平(ほうへい)館 ※国指定重要文化財
2017年=大倉山ジャンプ競技場

【次ページ】 各地域への郷土愛。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

吉田輝星
柿木蓮
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ