沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

JC制覇、アーモンドアイは完璧な馬。
ルメール「サッチ・ア・ストロング」 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2018/11/26 11:20

JC制覇、アーモンドアイは完璧な馬。ルメール「サッチ・ア・ストロング」<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

年度代表馬を完全に手中に収めたといえるアーモンドアイ。次の目標設定はどれほど高くてもよさそうだ。

平成の最後に出た世界レコード。

 秋華賞のレース直後、熱中症のようになって歩様を乱したが、今回も、似たような状態になったという。

「前回よりはマシでしたが、そういう体質なのか、口取り写真を撮ったあと、少しフラつくところがありました。ちょっと心配ですが、たぶん大丈夫だと思います」

 素直な性格なので、一戦ごとに全力を出し切ってしまうのだろう。

 古馬と初対決だったにもかかわらず、単勝支持率は'06年のディープインパクトに次ぐ史上2位の53.4%。その圧倒的な支持に応えるべく、牡馬勢を力でねじ伏せた。こんな3歳牝馬は見たことがない。

 現時点ですでに「化け物」なのに、今なお強くなっている真っ最中だ。

「まだ底を見せていないのかな、という気がしています。素晴らしい贈り物を授かりました。どこまで行けるのか楽しみで仕方がありません」

 平成最初のジャパンカップでは、オグリキャップと死闘を演じたニュージーランドの牝馬ホーリックスが2分22秒2の世界レコードを叩き出した。そして、平成最後のジャパンカップではアーモンドアイが2分20秒6で世界を震撼させた。

 その突出した力でどのような新時代を切り拓いていくか。アーモンドアイが見せてくれる夢を、楽しみたい。

関連記事

BACK 1 2 3
アーモンドアイ
クリストフ・ルメール

競馬の前後の記事

ページトップ