SCORE CARDBACK NUMBER

トップ爆走中のルメール騎手。
年間最多勝記録更新なるか!?
~武豊の212勝超えへ、最終開催が影響する?~

posted2018/11/25 06:00

 
トップ爆走中のルメール騎手。年間最多勝記録更新なるか!?~武豊の212勝超えへ、最終開催が影響する?~<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

10月はレイデオロを駆り、自身初となる天皇賞制覇を達成したルメール。このコンビは有馬記念に直行する予定。

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph by

Keiji Ishikawa

 クリストフ・ルメール騎手(39)の勝ち鞍量産ペースがさらに加速中だ。11月11日時点で191勝。2位ミルコ・デムーロ騎手に55勝もの大差をつけて、事実上のリーディングをすでに確定させてしまった。これは武豊騎手が'05年(当時36歳)にマークした年間212勝のペースに近い。凄まじい勢いで勝ちまくっていた当時の武の足跡をたどると、11月2週目が終わった時点で194勝。今年のルメールはそれに3勝足りていないようにも見えるが、いまは有馬記念が終わったあとに12月28日の開催がプラスされているので、残り6週と1日の騎乗機会が残されているのが大きい。賛否両論ある年末の付け足しのような開催だが、今年に限っては、ルメールの新記録達成なるかの興味で盛り上がる可能性が高まっている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 583文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

フィギュア&体操美しく、強く。

Sports Graphic Number 966

フィギュア&体操
美しく、強く。

 

関連記事

クリストフ・ルメール

競馬の前後の記事

ページトップ