【NSBC補講I】 池田純のスポーツビジネス補講BACK NUMBER

『グラゼニ』凡田夏之介が
池田純にガチンコ人生相談! 

text by

池田純

池田純Jun Ikeda

PROFILE

photograph byNumber/Morning

posted2018/11/29 07:00

『グラゼニ』凡田夏之介が池田純にガチンコ人生相談!<Number Web> photograph by Number/Morning

公開対談に臨んだ池田純さんと、凡田夏之介選手。話は思わぬ方向に展開し……。

ちらつく「引退」の二文字。

夏之介「僕は先発で勝負したいと思って、昨年オフにパ・リーグの球団を選びました。大きなチャレンジでした。でも正直、全然活躍できていません……。その一方で、3人目の子供も生まれたばっかりです。しかも、まさかの双子! 今は1億以上の年俸をもらっていますが、やっぱり野球選手は、ユニフォームを着ているうちしか稼げない。今年で僕は32歳。正直にいえば、『引退』の二文字も少しチラついてきてるんです。

 僕はこの先、どうすればいいか……。悩んでいるんです」

 にわかに会場の雰囲気が変わった。池田さんの目の奥も、キラリと光っている。

池田「夏之介選手はつまり、セカンドキャリアを不安に思っている……と」

夏之介「そ、そうなんです!」

池田「なるほど……ではまず、夏之介選手は、何になりたいんですか?」

セカンドキャリアをどう築く?

夏之介「というと……?」

池田「大事なのは、どこで生き残りたいかを考えることです。そもそも引退後も野球界で生きていく、と考えるのか。それとも、野球から離れて、文字通りセカンドキャリアを築いていくのか。

 野球界にとどまり仕事を続ける、ということであれば、まずは指導者の道。夏之介選手は投手ですから、投手コーチ、ブルペンコーチ、さらにいえば監督だったりGMという職種も視野に入ってきます。あるいは、野球解説者としてメディアと契約を結んでいく、という方法もあります。

 一方、野球界から離れて勝負したい、というのであれば、勤め人でいくか、自営業で行くかを考えなければなりません。毎年何億と稼いでいたプロスポーツの世界から、その半分以下の年収となるようなサラリーマンになり、あるいは事業を起こし、いまの生活を維持していくことが果たしてできるのか。

 いずれにしても、自分が何になりたいのか、そこから始めなければなりません」

【次ページ】 ほとんどが新たな世界に挑戦。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

池田純
凡田夏之介
グラゼニ
NSBC

プロ野球の前後のコラム

ページトップ