フランス・フットボール通信BACK NUMBER

男子よりも女子サッカーに期待!?
メキシコで盛況の女子プロリーグ。

posted2018/11/20 16:30

 
男子よりも女子サッカーに期待!?メキシコで盛況の女子プロリーグ。<Number Web> photograph by L'Equipe

男子の試合に負けず劣らず観客が熱狂的なのが、メキシコの女子サッカーの現場である。女子W杯でも期待がかかる。

text by

トマス・グバン

トマス・グバンThomas Goubin

PROFILE

photograph by

L'Equipe

 男性優位社会のメキシコにあって、2017年に創設されたプロサッカーの女子リーグ(男子同様に「リーガMX」の名称で呼ばれている)が多くの観衆を集めているのを、皆さんはご存じだろうか。

 アメリカ、ドイツ、イングランド、フランス、スペイン、イタリアに続く世界7番目の女子プロリーグは、開幕した当初から世界のどこにも類を見ない熱気に包まれている。

 その熱さと、同時にメキシコ女子サッカーが抱える問題点とを、トマ・グバン記者が『フランス・フットボール』誌10月30日発売号でレポートしている。

監修:田村修一

マルセイユよりもサッカー熱がある。

 フランスではマルセイユがそうであるように、ヌエボ・レオン州の州都モンテレーはメキシコでも際立ってサッカーに熱い街である。

 オリンピック・マルセイユで1年を過ごした後、今季から女子のクラブチーム「UANLティグレス」(ホームタウン:サン・ニコラス・デ・ロス・ガルサ/ヌエボ・レオン州)に籍を置くクリスティーナ・フェラル(メキシコ)は、ふたつの街の熱さを立て続けに肌で実感したのだった。

 ただ、マルセイユの場合は、人々の興味は男子にしか向けられていないと、メキシコ代表MFである25歳の彼女はいう。

「ホームゲームでも、観客は200人しか集まらなかった」

 CFモンテレー(ホームタウン:モンテレー/ヌエボ・レオン州の州都)のスタジアムでは違う。そのアウェーの地で彼女を待ち受けていたのは、スタンドを埋め尽くす多くの観衆であった。

「ここでは3万8000人の前でプレーしたこともあります。まるで男子の試合のようだったわ」

 今年8月13日、このメキシコ第3の都市モンテレーでおこなわれたUANLティグレスとのダービーマッチでは、ティグレス側のスタンドは満員の観衆で埋め尽くされた。その数週間前、両チームが国内女子プロリーグ「リーガMX」の優勝決定戦で対戦した際も同様だった。

 5月5日のリーグ戦における第2節は、5万1000人の大観衆が“ラヤダス(縦縞/モンテレーの愛称)”のスタジアムを訪れ、女子サッカーにおけるクラブ同士の試合の観客数世界記録を更新したのだった。

【次ページ】 可能性を秘める女子プロリーグ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

クリスティーナ・フェラル
CFモンテレー
UANLティグレス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ