第95回箱根駅伝(2019)BACK NUMBER

今季学生No.1ランナーは誰だ!?
箱根駅伝のエース区間、2区を狙う強者たち。 

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2018/11/22 11:00

今季学生No.1ランナーは誰だ!?箱根駅伝のエース区間、2区を狙う強者たち。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

予選会で日本人1位の塩尻(左)と2位の片西(右)。エース区間での激突はあるか。

森田、ニャイロ、デレセらも。

 塩尻、片西だけでなく、箱根駅伝5連覇を目論む青山学院大学もまたエースは強力だ。

 前回の2区で区間賞を獲った森田歩希が全日本で大会MVPを獲得する圧巻の走り。今季から主将を務め、まさに走りでチームを牽引している。

 最後の箱根駅伝も当然、2区に照準を合わせてくるだろう。全日本直後に声をかけると、疲れた様子を見せることもなく、爽やかな口調でこう意気込みを語ってくれた。

「青山学院大学が優勝するためには自分が2区を走ってつなぐことが大切になると思うので、まずはその2区を走れるように、状態をもう少し上げていきたいです」

 ライバルとして意識するのは?

「塩尻もそうですし、前回はニャイロ(山梨学院大学)と同タイムの区間賞だったので、今年は勝ちたいと思います。主将を任されて、チームの柱でもあるので、レース中は強い気持ちで向かっていきます」

 冷静な口ぶりの中に、王者としてのプライドをのぞかせる。尊敬する先輩たちがつないできたエースとしての役割を、自身で途絶えさせるわけにはいかないのだろう。

 森田が口にしたケニア人留学生のニャイロ、留学生主将として拓殖大学を引っ張るデレセの学生最後の走りにも要注目。前回2区を好走した東洋大学の相澤晃や早稲田大学の太田智樹、東海大学の關颯人ら力のある3年生も見せ場を作ってきそうだ。

 はたして誰が勝つのか、75回大会で三代直樹が打ち立てた日本人最高記録、さらには85回大会でモグス(山梨学大卒)が記録した区間最高記録を破る選手は現れるのか。

 エース区間と呼ぶに相応しい、高いレベルでの競い合いに期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3
順天堂大学
塩尻和也
駒澤大学
片西景
青山学院大学
森田歩希

陸上の前後の記事

ページトップ