スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

エディー「ジャパンを痛めつける」
恩師お得意の心理戦に日本の反応は? 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/11/17 09:00

エディー「ジャパンを痛めつける」恩師お得意の心理戦に日本の反応は?<Number Web> photograph by AFLO

エディー・ジョーンズ。味方だとこれほど頼もしい監督はいないが、敵に回すとこれほど恐ろしいとは。

オールブラックスに突かれた弱点。

 取材を進めるなかで、日本代表とイングランドの、試合へのアプローチに大きな違いがあることが浮かびあがってきた。

 ジャパンは11月3日にニュージーランドのオールブラックスと戦った後から、「ブレイクダウン」を強調した練習を行ってきたという。

 この試合でオールブラックスの選手たちは、日本の素早い球出しを防ぐため、タックルに入った選手がそのままボールに絡むことが多かった。反則すれすれのプレーもあったが、レフェリーの傾向を分析し、ぎりぎりのプレーをオールブラックスは仕掛けてきた。

 黒衣軍の老獪なプレーに対応できなかった日本は、イングランド戦に向けて、このエリアを「重点課題」として解決に取り組んできたわけだ。

 アタックではボールに絡まれた場合の2人目の選手のスピード、寄りがポイントとなりそうで、それを見越してFLにあえてサイズの小さい西川を起用したと思われる。とにかく「スピード」と「下への働きかけ」が生命線になるだろう。

エディーに散々絞られた山田は。

 一方のイングランドはどうか。

 ジョーンズ氏は相手を徹底的に分析することから戦略を練る指揮官だ。

 先週はオールブラックスと戦い、15-16と惜敗したものの、相手FBの身長が低いと見て、徹底的に空中戦を仕掛けて、前半途中に15-0とリードを奪ったのは見事だった。

 自分がサントリー、日本代表で指導した選手たちが数多くいることからも、丸裸にされていると思った方がいい。

 弱点と思われるエリアは、スクラム、ラインアウトをはじめとしたセットプレーはもちろん、ブレイクダウン、そしてキック処理など多岐にわたる。果たして、ジョーンズ氏はどこに焦点を絞ってくるだろうか。

 考えれば考えるほど、日本には不利な条件が揃っていると言えるが、日本の選手たちはいたって穏やかだ。エディーさんから散々絞られた山田は、「イングランドでエディーさんに厳しくされている選手がいたら、僕に相談に来て欲しい」と報道陣を笑わせてから、

「相手のヘッドコーチがたまたまエディーさんというだけです」

といなす姿勢を崩さなかった。

【次ページ】 それにしても、ジョーンズ氏は嫌な相手だ。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

エディー・ジョーンズ
中村亮土
山田章仁
西川征克
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ