テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭「今年最悪の試合の1つ」
0-6、1-6の大敗はなぜ起きたか。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/11/14 11:40

錦織圭「今年最悪の試合の1つ」0-6、1-6の大敗はなぜ起きたか。<Number Web> photograph by Getty Images

フェデラーに勝利した2日後に、珍しい大敗を喫した錦織圭。ラウンドロビンはもう1試合ある。立て直してほしい。

「ティームは勝てるチャンスもある」

 錦織の絶不調とアンダーソンの絶好調が加味された結果が、このスコアだ。錦織が0-6でセットを落とす試合はなかなか見られない。第1セットの内容が悪くても第2、第3セットで立て直すのが彼の強さだが、この試合ではその粘り強さを出せなかった。最後まで試合を投げ出すような姿を見せなかったことだけが救いだ。

「明日しっかり調整して、できることはそれしかないので、しっかり練習してなるべく今日のことは忘れ、ポジティブな状態に持っていけるようにしたい。感覚がもう少し戻ってくれば、(ティームは)勝てるチャンスもある選手。なるべくポジティブにやりたい」

 と錦織。早く忘れたいような試合となったのは残念だが、確かにそうすべきだ。ATPツアーファイナルのリーグ戦方式がありがたいのは、リベンジのチャンスがあることだ。「ひどい試合」のモヤモヤを振り払う好内容のゲームを期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3
錦織圭
ケビン・アンダーソン

テニスの前後の記事

ページトップ