テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭「今年最悪の試合の1つ」
0-6、1-6の大敗はなぜ起きたか。

posted2018/11/14 11:40

 
錦織圭「今年最悪の試合の1つ」0-6、1-6の大敗はなぜ起きたか。<Number Web> photograph by Getty Images

フェデラーに勝利した2日後に、珍しい大敗を喫した錦織圭。ラウンドロビンはもう1試合ある。立て直してほしい。

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 錦織圭は「今年最悪の試合の1つ」と振り返った。複数の要因が重ならないと、なかなか0-6、1-6のスコアにはならない。なぜ、こんな試合になってしまったのか。

 スコアの上では、第1セット第2ゲーム、錦織の最初のサービスゲームが分岐点だった。3度のデュースののち、ブレークを許した。30-15以降の9ポイントのうち、ファーストサーブが入ったのはわずかに2度。セカンドサーブをアタックされ、苦しい展開を強いられた。最後はネットに詰めたケビン・アンダーソンに重圧をかけられ、バックハンドをミスした。

 ここから一度もサービスゲームをキープできないまま0-6、0-5まで進むのだが、最初にキープできていたら、違うゲーム展開もあり得ただろう。

「いいスタートが切れた」とアンダーソンが振り返れば、錦織は「数ゲームやって彼は自信を増し、僕はその逆だった。自分を見失ってしまった。ボールの感触もよくなかった」と淡々と振り返った。

 ここで陥ったサーブの不調は、最後まで戻らなかった。ファーストサーブの確率は44%、ファーストサーブ時のポイント獲得率50%、セカンドサーブ時の獲得率は37%と、どれも極めて低調だった。錦織は「もう少しサーブが入っていたら展開も変わっていたかもしれない」と、紋切り型のコメントに悔しさを封じ込めた。

ラリー戦に持ち込みたいが。

 アンダーソンの以下の話から、錦織のサービスゲームの苦闘がくっきりと浮かび上がる。

「リターンも良かった。彼のサービスゲームでたくさんストロークを打たせることができた。フリーポイントを与えなかった。これで自信が出てきたし、彼はその逆だっただろう」

 ファーストサーブの不調につけ込まれ、重圧をかけられた。セカンドサーブでのアタックはアンダーソンのねらい通りだろう。少しでも甘くなれば、すかさず強烈なリターンが返ってきた。この対応に苦労した錦織は、その後のラリー戦でリズムを作れない。

 アンダーソンのようなビッグサーバーとの対戦では、ラリー戦に持ち込むことが勝利への第一歩となる。ところが、アンフォーストエラーはフォアハンドが15本、バックハンドが7本と、文字通りミスの山を築いた。

【次ページ】 「焦らされてというか」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

錦織圭
ケビン・アンダーソン

テニスの前後のコラム

ページトップ