酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

ラミレスはやはり名監督なのでは?
得失点-70で4位を維持する能力。 

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/11/15 07:00

ラミレスはやはり名監督なのでは?得失点-70で4位を維持する能力。<Number Web> photograph by Kyodo News

就任3年目ではじめてCS出場を逃したアレックス・ラミレス監督。しかし数字を見ていくと……。

得失点で言えば、DeNAは6位になるはず。

 このピタゴラス勝率で、今季の勝敗表を作り直すと、衝撃の結果になる。まずは、2018年のセ・リーグの実際の勝敗がこちら。

1広島   82勝59敗2分 勝率.582
2ヤクルト 75勝66敗2分 勝率.532 差7.0
3巨人   67勝71敗5分 勝率.486 差13.5
4DeNA  67勝74敗2分 勝率.475 差15.0
5中日   63勝78敗2分 勝率.447 差19.0
6阪神   62勝79敗2分 勝率.440 差20.0

 広島がヤクルトに7ゲーム差をつけて余裕の優勝。巨人とDeNAは最後まで競り合って巨人が1.5差でCS進出を果たした。阪神は無念の最下位だった。

 これをピタゴラス勝率に置き換えるとこうなる。

1広島   78勝63敗2分 勝率.551
2巨人   75勝63敗5分 勝率.542 差1.5
3ヤクルト 70勝71敗2分 勝率.495 差8.0
4阪神   65勝76敗2分 勝率.458 差13.0
5中日   64勝77敗2分 勝率.455 差14.0
6DeNA  62勝79敗2分 勝率.443 差16.0

 広島と巨人はデッドヒートを繰り広げ、1.5差、まさに鼻の差で広島の優勝。ヤクルト、阪神、中日の順。DeNAは阪神に代わって最下位に沈む、ということになるのだ。

 もしこの結果になっていたら、高橋由伸監督の首は繋がっていたのではないか。少なくとも自分から退任を言い出すことはなかっただろう。阪神の金本監督も、親会社から引導を渡されることはなかっただろう。対照的にラミレス監督の首は危うかったのではないか。

 今年のDeNAはリーグ最少の572得点、失点はリーグ3位の642失点。差し引き70点の赤字だったが、それでもチームを最後までCS争いに加わらせたのだ。

「ちょっと待ちなさい。ピタゴラス勝率を過信してはいけない。あの数値は監督の実力ではなく、運、不運の産物なんだよ」と識者に言われそうだ。

 確かに一般的にはそう言われている。しかし、私はそうではないかもしれない、と思い始めている。

【次ページ】 3年間、ずっとプラスを記録し続けた。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アレックス・ラミレス
高橋由伸
金本知憲
横浜DeNAベイスターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ