マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

ドラフト1位の大学生6人の共通点。
甲子園不出場の彼らがなぜ成長?
 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2018/11/12 07:00

ドラフト1位の大学生6人の共通点。甲子園不出場の彼らがなぜ成長?<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

楽天は1位指名で3球団が競合した藤原恭大は外したが、外れ1位の辰己涼介は4球団競合のくじを引き当てた。

大切なのはピークを前倒さないこと。

「その“ピーク”ってやつが、今年の大学生1位には、22歳、大学4年でやって来たってことかもしれないですね。逆に、やっちゃいけないぞ……って、いつも自分を戒めてるのが、こっちの都合で、そのピッチャーのピークを無理やり、大学4年間のどこかに持ってこようとしないこと。それやると、たいてい逆効果になりますから」

 話が佳境に入ってきた。

 お考えを伺っている指導者の方が、あと2人。

 いずれも実際に、非甲子園組で高校時は無名だった投手を「ドラフト1位」でプロに送り出した方たちだ。

 この話はじっくりとやりたい。

 ここまでを「前編」として、引き続き「後編」の文章を記していきたいと思う。

関連記事

BACK 1 2 3
松本航
上茶谷大河
高橋優貴
甲斐野央
清水昇
辰己涼介

プロ野球の前後の記事

ページトップ