Number ExBACK NUMBER

「スクール☆ウォーズ」が再び蘇る!
『伏見工業伝説』、小畑親子の夢。 

text by

益子浩一

益子浩一Koichi Mashiko

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/11/08 17:15

「スクール☆ウォーズ」が再び蘇る!『伏見工業伝説』、小畑親子の夢。<Number Web> photograph by AFLO

前人未踏の大学選手権10連覇を狙う帝京大学の不動のスクラムハーフとして活躍する小畑健太郎。

「ワールドカップを目指したい」

 今年の初夏のこと。都内の喫茶店で、健太郎と待ち合わせた。

『伏見工業伝説』の取材のためだった。40数年前の父がそうだったように、荒くれ者の青年を想像していたが、初めて会った彼は、いい意味で期待を裏切った。礼儀正しく挨拶をすると、背筋をピンと伸ばしたまま、いつまでも取材に受け答えしてくれた。

「10連覇は自分たちの力で、ぜひとも成し遂げたい目標です。それと、日本代表になりたいです。ラグビーをやり続けている限り、できるところまで挑戦を続けたい。チャンスがあるのであれば、ワールドカップを目指したいと思っています」

 誰よりも健太郎を愛し、応援し続けてくれた母の和美はもう、この世にはいない。伏見工業3年だった夏にくも膜下出血で倒れ、長い闘病生活の末に、2017年3月26日に旅立った。

 どれほど時間が流れても、悲しみが癒えることはない。取材の時も、母の思い出を問うと「すいません。オカアのことは、勘弁してください。泣いてしまうかも知れないんで」と口を閉ざした。

父に日本代表を目指す姿を見せたい――。

 いくつかあったトップリーグの強豪チームからの誘いの中から、神戸製鋼を選んだのには理由がある。神戸から実家のある京都までは車で1時間ほど。妻を失ってからというもの、元気がなくなってしまった父・道弘に、日本代表を目指す姿を見せたい――。そんな思いがあった。

「俺がこうやっておるんは、山口先生のおかげなんです。教師がみんな、あんな山口先生みたいな人ばかりやったら、誰も、悪いことなんかせえへん。あの人は、俺たちに夢や目標を持つ生き方を教えてくれた。ほんまに、人生の恩人なんです。山口先生に教えられ、そして、せがれも同じように伏見工業に育ててもらって、日本一を目指すまでになった。

 健太郎が初めて帝京大学で優勝した時、嫁はんは、病室で涙を流して喜んでましたわ。来年、神戸製鋼に進んで日本代表にまでなったら、また、天国で大喜びすると思います。俺も楽しみにしとるんです」

 1970年代、学校は荒れていた。山口良治が赴任した1974年、伏見工業はバイクの事故件数が京都府下の高校でワーストと呼ばれ、校内暴力は日常茶飯事。教室の隅では、タバコやシンナーの臭いが漂っていた。1975年にラグビー部の監督に就任すると、わずか6年で全国高校ラグビーで日本一に立った。その道程は、ドラマとして描かれた。

 時代は昭和から平成に変わり、その平成も終わりに近づきつつある。

 伏見工業は、今年4月に京都工学院に名称が変更になった。

 新たなスタートを切った京都工学院ラグビー部は、京都府予選決勝まで勝ち進み、11月11日に全国大会“初”出場をかけて京都成章と対戦する。

 どれほど時が流れても、変わらないものがある。夢や目標を持つ生き方――。

 伏見工業の名称は消えても、その伝説は、今も、受け継がれている。

『伏見工業伝説 泣き虫先生と不良生徒の絆』

「Amazon」で購入

文藝春秋BOOKS

『伏見工業伝説 泣き虫先生と不良生徒の絆』

「スクール☆ウォーズ」の舞台が40年ぶりに蘇る!

手のつけようのない不良生徒たちと真正面から向き合い、時にぶつかり合い、時に涙しながら弱小ラグビーを鍛え上げていく。わずか6年で全国優勝へと導いた“泣き虫先生”山口良治と不良生徒の奇跡と絆の物語。 ドラマ「スクール☆ウォーズ」のモデルとなった昭和の伝説の高校が、平成最後の年に蘇る!

<本体1,600円+税/益子浩一・著>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

伏見工業高校
京都工学院高校

ラグビーの前後のコラム

ページトップ