SCORE CARDBACK NUMBER

木曽の帰国が暗示する、日本ラグビーに必要なこと。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byShinsuke Ida

posted2004/08/26 00:00

木曽の帰国が暗示する、日本ラグビーに必要なこと。<Number Web> photograph by Shinsuke Ida

 木曽一が帰国した。

 4月からNZに留学。ラグビー王国の頂点を争うNPC(州代表選手権)のノースハーバー代表に選ばれた木曽だったが、NPCでプレーするには現地の協会とプロ契約し、在籍するヤマハ発動機での登録を抹消する必要があった。IRBは複数国に跨る選手の二重登録を禁止している。そして日本のトップリーグは、8月末で登録を締め切る。木曽が10月までNPCに出場すると、11月に帰国しても、2月の日本選手権まで続く国内シーズン本番には出場できなくなる。

 「保守的かもしれないけど、社会人としてその選択はあり得なかったし、僕自身ヤマハのチームが好き。プロになってNPCに出るという結論は出せなかった」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 637文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

強いぞ!夏のニッポン。Endless Summer

ラグビーの前後の記事

ページトップ