Number PLAYBACKBACK NUMBER

渡邊雄太「ただの夢から目標に」
NBAデビュー2年前の手記と決意。 

text by

渡邊雄太

渡邊雄太Yuta Watanabe

PROFILE

photograph byShizuka Minami

posted2018/11/05 07:00

渡邊雄太「ただの夢から目標に」NBAデビュー2年前の手記と決意。<Number Web> photograph by Shizuka Minami

ジョージ・ワシントン大学所属時の渡邊雄太。順調に成長し、日本人2人目のNBA選手に飛躍した。

自分ならできると信じて。

 小学生の頃から、自分の夢はNBA選手になることでした。アメリカへ来て、昔はただの夢だったNBA選手が今では目標に変わりました。このレベルの高いアメリカで、身近にすごい選手がたくさんいる中で、ほんの一握りの選手だけがいけるNBAに入るのは、当然簡単なことではありません。目標とは言っていますが、まだまだ遠いとは思っています。

 高校時代、進路のことで悩んでいた僕に当時の恩師は「失敗した人というのは成功しなかった人のことではなくて、諦めた人のことを言うんだ」という言葉をかけてくださいました。

 NBAはまだ遠いと感じてはいますが、確実に近づいていっているのは間違いないですし、うまくいかないからといって諦めるということはこの先絶対にしません。NBA選手になるというのは自分の目標であり、今まで僕を育ててくれた家族や恩師の目標でもあります。

 だからこそ、今後も努力を続け、どんな壁がこの先立ちはだかっても決して諦めずに、自分ならできると信じて頑張っていこうと思います。

(Number900号『渡邊雄太 僕のアメリカ奮戦記。』より)

<創刊900号特別編集>羽生世代、最強の証明。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渡邊雄太
ジョージ・ワシントン大学

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ