SCORE CARDBACK NUMBER

悩めるオルドリッジに
訪れた幸福の日々。
~NBA、好調ブレイザーズの大黒柱~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/01/17 06:10

悩めるオルドリッジに訪れた幸福の日々。~NBA、好調ブレイザーズの大黒柱~<Number Web> photograph by Getty Images

ブレイザーズの柱であるオルドリッジ(左)と、“2年目のジンクス”知らずで活躍中のリラード。

 NBAで忌まわしい言葉とされる単語がある。その単語を口にしなくてもいいように、“Rワード”と表されることもあるほどだ。Rはリビルディング、つまり“再建”の頭文字だ。

“再建”は、チームの先行きが見えず、低迷することを意味している。時に泥沼にはまって抜け出せなくなることもある。少なくとも、一般的にはそういうイメージだ。だからこそ、特にベテラン選手にとっては、できるだけ聞きたくない言葉なのだ。

 ラマーカス・オルドリッジ(ポートランド・トレイルブレイザーズ)にとっても、そうだった。'06年から7シーズンをブレイザーズで過ごしているオルドリッジは、その間に何度も再建やチーム入れ替えを経験した。同期のブランドン・ロイや、1年後のドラフト1位指名選手、グレッグ・オデンがチームの柱と期待されながら故障で消えていき、チームメイトが入れ替わる中、オルドリッジ自身は常に安定したプレーをしてきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 480文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

世界一を獲る!~頂点を極めるための方法論~

関連記事

ラマーカス・オルドリッジ
ポートランド・トレイルブレイザーズ
デミアン・リラード

バスケットボールの前後の記事

ページトップ