バスケットボールPRESSBACK NUMBER

琉球、Bリーグ好発進の立役者。
橋本竜馬が持つ最大の武器とは。

posted2018/11/09 11:00

 
琉球、Bリーグ好発進の立役者。橋本竜馬が持つ最大の武器とは。<Number Web> photograph by B.LEAGUE

第7節のアルバルク東京戦では要所で3Pを決めるなど、限られた出場時間で存在感を示した橋本。

text by

吉川哲彦

吉川哲彦Akihiko Yoshikawa

PROFILE

photograph by

B.LEAGUE

 琉球ゴールデンキングスの強さはどうやら本物だ。

 アイラ・ブラウンや古川孝敏といった他チームの主力クラスを獲得して臨んだ昨シーズンは、西地区を独走してチャンピオンシップに進みながらも、セミファイナルで千葉ジェッツの前に敗退。今シーズンはさらに補強を進め、開幕から10試合を消化した時点で8勝2敗と順調なスタートを見せた。

 そして第7節で相まみえたアルバルク東京戦、1戦目で琉球は試合開始から強度の高いディフェンスでA東京をシャットアウトし、最後まで高いエナジーレベルを保ったまま67-53で快勝。翌日の2戦目も、追い上げをかわして75-69と連勝を飾った。

 Bリーグ初年度の一昨シーズンでは、記念すべきリーグ全体の開幕戦で組まれたA東京と琉球との顔合わせ。Bリーグ発足前のNBLとbjリーグをそれぞれ代表するチームとして争ったその2試合は、いずれもA東京が勝利している。

 昨シーズンの対戦は琉球ホームで行われた2試合のみ(1勝1敗)で、今回はその開幕戦以来の東京遠征となった。その舞台で、昨シーズン王者でもあるA東京から2勝をもぎ取ったことは大きな価値がある。

ポイントガード4人体制。

 今シーズンの琉球の特徴として挙げられるのが、ポイントガード4人体制だ。日本人ビッグマンに恵まれなかったbjリーグではポイントガードを4人以上抱えるチームも決して少なくなかったが、Bリーグになってからは有力選手が集まるB1でポイントガードを4人揃える例は稀。

 bjリーグファイナルMVPの経験もある生え抜きの岸本隆一に加え、昨シーズンは元日本代表の石崎巧が加入し、今シーズンはさらに並里成、橋本竜馬の2人が移籍加入した。いずれも実績十分の選手とあって、その事実は驚きをもって迎えられた。

 地元出身のフランチャイズプレーヤーだった並里の復帰も注目を集めたが、それ以上にブースターに衝撃を与えたのがシーホース三河からの移籍を決断した橋本。Bリーグ以前は当時のアイシンシーホースで司令塔を務め、天皇杯も含めて3度の優勝を経験した。

【次ページ】 「自分の色を出さないと」

1 2 3 4 NEXT
橋本竜馬
琉球ゴールデンキングス

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ