Number PLAYBACKBACK NUMBER

渡邊雄太「ただの夢から目標に」
NBAデビュー2年前の手記と決意。 

text by

渡邊雄太

渡邊雄太Yuta Watanabe

PROFILE

photograph byShizuka Minami

posted2018/11/05 07:00

渡邊雄太「ただの夢から目標に」NBAデビュー2年前の手記と決意。<Number Web> photograph by Shizuka Minami

ジョージ・ワシントン大学所属時の渡邊雄太。順調に成長し、日本人2人目のNBA選手に飛躍した。

不安に打ち勝つための努力。

 バスケットの面では、いざ向こうのチームに入ってみると、想像以上の身体能力、高い技術力、そして、みんなの練習での激しさに圧倒されそうになりました。けれど、これからは自分もこういう環境の中で日々プレーができるんだと思うと、ますます楽しみが増しました。

 しかし、自分がその学校にいられる期間は1年間。その間にコート上で活躍をして、大学からスカラーシップをもらわなければいけなかったので、わくわくが増した反面、この短い期間で、周囲にすごいプレーヤーがいっぱいいる中、自分がやっていけるのかという不安も少しありました。そんな不安に打ち勝つには努力しかないと思い、毎日一生懸命努力をし続けました。

 そのかいあってか試合にはスターターとして出場し、活躍することができました。結果、いくつかの学校からオファーをもらい、その中のジョージ・ワシントン大学へ進学を決めました。

 ジョージ・ワシントン大学に入学してからの生活はとても楽しく充実しており、あっという間に2年生の終わりの時期が来ました。

特に大変だったのが勉強面。

 ただ、楽しい生活の中にもやはり苦労することは多く、様々な局面で奮闘してきました。

 まず、特に大変だったのが勉強面です。NCAA(全米大学体育協会)の規定では、標準以上の成績を取らないとバスケットをさせてもらえなくなるというルールがあるので、勉強には力を入れないといけません。

 シーズン中は平日でもアウェイでの試合がたくさんあり、試合をしてそのままバスか飛行機で数時間をかけて夜中に学校へ戻り、翌日すぐに授業に出なければなりません。まだまだ英語が下手な自分は他の人よりも勉強をしなければならず、そこは今でも苦労しています。

 バスケットに関しても、プレップスクールにいた時よりもさらにレベルが高く、なおかつ勉強との両立が大事になってくるので、大変だと感じることは多いです。

 でも、今本当に毎日が充実しています。より高いレベルでバスケットができるということは自分にとって何よりも嬉しく、こういった環境でプレーができるということに心から感謝しています。

【次ページ】 2年生から主力の1人として。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渡邊雄太
ジョージ・ワシントン大学

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ