フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

GPシリーズ2戦目で宇野昌磨が優勝。
若手とベテランが入り混じる表彰台。

posted2018/10/30 07:30

 
GPシリーズ2戦目で宇野昌磨が優勝。若手とベテランが入り混じる表彰台。<Number Web> photograph by Akiko Tamura

カナダGPでは宇野昌磨が優勝、そして2位と3位にはキーガン・メッシング(左)、チャ・ジュンファンという初表彰台の2人が入った。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Akiko Tamura

 10月26日、カナダのモントリオール郊外ラバルで開幕した、今季のGP2戦目スケートカナダ。宇野昌磨は昨シーズンに続いて無事タイトルを手にし、2位はカナダのキーガン・メッシング、3位は韓国のチャ・ジュンファンが入った。海外GP初挑戦をした友野一希は9位という結果になった。

 SPでは宇野が4フリップ、4+3トウループのコンビネーションと順調に決めていったが、最後の3アクセルで転倒した。6分間ウォームアップから4回転があまり決まらず、それでもフリップとトウループのコンビネーションは強い気持ちで跳んだのだという。だが大丈夫だと思っていた3アクセルに落とし穴が待っていた。

「もっと強い気持ちでいったら跳べていた。(ジャンプを跳ぶのに)気持ちの影響というのはとても大きい。踏み込んで、これはやってしまったなと思った。完全に自分に負けていたという思いです」と悔しさを表現した宇野。

後半息切れもタイトル守った宇野。

 翌日のフリーでは、厳しい表情で氷の中央に立った。『月光ソナタ』の荘厳なメロディがはじまった。予定されている4回転は、サルコウ、フリップ、トウループの3種類で合計4度。今シーズンから、リピートできる4回転は1種類のみとルールが変わり、宇野のように数種類の4回転を武器に持つ選手がさらに有利になった。

 冒頭の4サルコウはきれいな着氷に見えたが、回転不足の判定。そこから4フリップ、4トウループ、そしてスピンなどの後に4+2トウループのコンビネーション、そして3アクセルを決めた。

 このままノーミスでいくのかと思った瞬間、3アクセルの後につなげた3フリップで手をついた。最後のジャンプ、3サルコウ+3トウループの二つ目のジャンプで転倒。それでも188.38を獲得し、総合277.25で優勝。

 SPでのアクセルの失敗の悔しさを、フリーでは最初から全力でぶつけたという宇野。「体力には自信があったのですが」と何度か繰り返し、「まだまだ練習が必要だと実感しました。思ったよりも体に力がなかった」と演技を振り返った。

【次ページ】 ルール改正で過去のスコアはいったん白紙に。

1 2 3 NEXT
宇野昌磨
友野一希
キーガン・メッシング
チェ・ジュンファン

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ