欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

欧州で奮闘するカレン・ロバートは、
なぜ木更津にクラブを創ったのか? 

text by

中田徹

中田徹Toru Nakata

PROFILE

photograph byToru Nakata

posted2018/10/30 08:00

欧州で奮闘するカレン・ロバートは、なぜ木更津にクラブを創ったのか?<Number Web> photograph by Toru Nakata

千葉県でサッカーキャリアをスタートさせたカレン・ロバート。その感謝を行動に移している。

老若男女の憩いの場に。

 さらにローヴァーズを地域密着の総合型地域スポーツクラブにするために、行政に対してプレゼンテーションしているのだという。総合型地域スポーツクラブに認定してもらうためには、3つの種目が必要。その中にバスケットやチアダンスを設けて、将来はローヴァーズを応援して欲しい。クラブハウスや合宿所も作りたい――。

 実際に、木更津市の廃校をスポーツ合宿施設にリノベーションし、地域を活性化するプロジェクトに名乗りをあげ、着々と事業の構想を練っているという。

「こういうことを考えているとめちゃくちゃ楽しいですよ。実現したら夢のショートカットになる。僕がロアッソ熊本でプレーしていた時は、まだクラブハウスが無かった(その後、完成)ですし、練習場を転々としていました。J2のクラブですら、そうだったんです。拠点ができれば、他のクラブとの差別化ができると思います。

 高齢化社会ですから、おじいちゃん、おばあちゃんの集いの場にもしたいですよね。松本山雅は、おじいちゃん、おばあちゃんの応援が多いそうです。ローヴァーズも魅力的なチームになり、子どもから年配までいるような空間を作りたい。それが理想です。脳の体操として、健康麻雀が流行っているそうですけど、どれだけ健康体でいるかが、おじいちゃん、おばあちゃんの課題でしょうから」

 カレンの話を聞いていて、天職が見つかったなと感じた。そして、彼の過去・現在・未来は綺麗につながっているなと、羨ましく思った。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

カレン・ロバート

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ