欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

欧州で奮闘するカレン・ロバートは、
なぜ木更津にクラブを創ったのか?

posted2018/10/30 08:00

 
欧州で奮闘するカレン・ロバートは、なぜ木更津にクラブを創ったのか?<Number Web> photograph by Toru Nakata

千葉県でサッカーキャリアをスタートさせたカレン・ロバート。その感謝を行動に移している。

text by

中田徹

中田徹Toru Nakata

PROFILE

photograph by

Toru Nakata

 ジュビロ磐田時代の2005年にJリーグ新人王に輝き、'10年末からはオランダへ渡った。

 現在はイングランド7部リーグのレザーヘッドでプレーするカレン・ロバートに、転機が訪れたのは'12年夏だった。VVVフェンロのプレーヤーだったカレンは、戦力外扱いになりかかった。

「ヤバイ。このままだと半年は試合に出られなくなる」

 将来のことを考える時間が増えた。そして、「千葉にサッカースクールを作ろう」と思い立った。'13年、市立船橋高時代の仲間とともに、千葉県佐倉市にサッカースクールを立ち上げた。

房総半島をターゲットに。

「僕は茨城県土浦市出身ですが、サッカーでは柏レイソルのジュニア、ジュニアユース、市立船橋でプレーし、千葉県で育てられてプロサッカー選手になることができました。一方で、僕はジュビロでプレーしたので、静岡県がどれだけ『サッカー王国』か知ってます。天然芝のピッチの数、地元テレビ局のサッカー番組、女子サッカーの強さ、市民のサッカーIQの高さ――。

 育成も『千葉は良い』と言われますが、意外と僕のように県外から来ている選手が多いんです。千葉県のことを『サッカー王国』と言う方もいますが、僕は恩返しの意味も含めて、サッカーをもっと県民にアピールして、本当の『サッカー王国』にしたい。それが僕の仕事です」

 千葉市にはジェフ千葉があり、柏市には柏レイソルがある中、カレンがターゲットにしたのが千葉県南部の房総半島だった。

「房総半島の土地は広いんですが、合わせても60万人ぐらいしか住んでおらず、船橋市の人口と同じぐらい。夢の面で弱く、若い人たちが千葉県北部や東京に出ていってしまう。また、ジェフ千葉でサッカーをしようにも、館山から片道2時間もかかってしまう。それで、木更津にサッカークラブを作ることで、房総半島各地から1時間で通えるようにし、この地域のシンボルにしたいと思ってます」

【次ページ】 木更津には昭和の人情味が。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

カレン・ロバート

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ