野球のぼせもんBACK NUMBER

SB下剋上、陰のMVPは武田翔太。
「ベースに当てる意識」で西武封じ。 

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/10/24 08:00

SB下剋上、陰のMVPは武田翔太。「ベースに当てる意識」で西武封じ。<Number Web> photograph by Kyodo News

CSファイナル第4戦、2回無失点で勝利投手となるなど、リリーフで好投を見せた武田翔太。

ポストシーズンでなぜ復調?

 武田はレギュラーシーズンで4勝9敗と大苦戦した。しかし、勝ち星のうち3つが完封勝利。たしかな実力者であることは間違いないのだ。

 ポストシーズンで復調を果たした右腕。真っ直ぐに本来の力強さが戻ったことは勿論、武田は自身のピッチングをシンプルに考えるようになったことが要因だと考えている。

「低め低め。それだけです。ちょっとでも球が浮いたら、『ダメ、高い高い』とマウンドで口に出しています。自分に怒るくらいに」

 工夫もしている。たとえばサインを見る姿勢が以前は突っ立った状態だったが、今は上半身を折り曲げて、沈み込むようにして覗き込んでいる。

「投げに行く時の姿勢を意識しています。その角度からセットポジションになりますが、その角度にまた戻って行くというイメージ。そこも低く、低くです」

 ファイナルステージを戦ったメットライフドームは、最近のプロ野球本拠地球場としては驚くほどマウンドが低い。長身のオーバースローの投手は球に角度がつかず、さらに踏み出す足の着地が早くなり過ぎて、体が開く傾向になりがちだという。

 それでも武田は好投を続けた。

 ファイナル第1戦は7回裏を1回零封。第4戦は4対2とリードした5回裏から登板して2回を投げ、立て続けに先頭にヒットを浴びながらも無失点で切り抜けた。

「低めばっかりだったでしょ」

 武田はトレードマークの笑顔で言った。

「僕の配球見ました? 低めばっかりだったでしょ」

 特に第4戦の6回裏だ。無死一、二塁から栗山巧を一ゴロに打ち取り、中村剛也と岡田雅利を連続見逃し三振に仕留めた。武田の球はことごとく低めに制球されていた。

「マウンドのことは考えない。低め低めですよ。もちろん対策はしましたよ。たとえばマウンドに上がって5球の投球練習をする時は、ベースに当てるくらいの気持ちで投げる。すると、ちょうどいいコースに行くんです。それで大丈夫。だから嫌なイメージはなかった」

 27日に開幕する日本シリーズ。ホークスとカープの対戦は、プロ野球史上初の顔合わせだ。

 ともにシーズンで82勝を挙げた者同士。力は拮抗している。どちらのチームが本来の野球が出来るのか、はたまたラッキーボーイは誰なのか。やはり短期決戦仕様の継投がカギとなるのか。日本中を熱くさせてくれる素晴らしいシリーズになること違いない。

関連記事

BACK 1 2 3
福岡ソフトバンクホークス
武田翔太
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ