セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

ナポリが強い。打倒ユーベにかける
美食家アンチェロッティのレシピ。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/10/18 08:00

ナポリが強い。打倒ユーベにかける美食家アンチェロッティのレシピ。<Number Web> photograph by Getty Images

首位を走るユーベとは勝点6の差だが、アンチェロッティのナポリは昨季よりも進化を遂げた感がある。

宿敵に完敗の4日後、CLで。

 7節での直接対決では、FWメルテンスのゴールで先制しながら退場者を出し、1-3で敗れた。9年ぶりに敵地で執拗なブーイングを受けた後、皮肉たっぷりの捨て台詞を残した。

「ここで負けたところで、次にナポリでやるときにうちが勝てばいいだけ。野次られた分、(ミラン時代にCL決勝でユーベを破った)2003年の優勝カップは格別だよ」

 チームの士気を飛躍的に高めたのは、それから4日後、CLグループリーグの大一番リバプール戦だ。

 90分目にFWインシーニェが右足で押し込んだ劇的ゴールで、会心の1-0勝利と勝点3をもぎ取った。

選手はとことんついていく。

 リバプールは、8月初旬のテストマッチで0-5の大敗を喫し、赤っ恥をかかされた因縁の相手でもあった。引き分けに終わっていればパリSGとの対戦を残す今後の苦境が予想されていただけに、インシーニェのコメントにも熱が帯びる。

「この勝ち方は最高に嬉しい。今、ナポリは試合をやればやるほど“アンチェロッティのチーム”になっているところだ。彼はいろいろなことを変えてくれた。こうなりゃ、とことんついていくぜ」

 ナポリは前任者の呪縛から脱皮した。選手の信頼も得たアンチェロッティは、新たなチーム・アイデンティティを築き上げる段階に入った。

「今、先行しているのはユーベだ。だが、我々はこれからどんどん強くなる」

 深まる秋にナポリの熟成が進む。健啖家の名将は名物のピッツァ・マルゲリータやサラミで彩られた食卓で、今後の戦略を練る楽しみを味わっているにちがいない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
カルロ・アンチェロッティ
ナポリ
ユベントス
パオロ・マルディーニ
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ