バレーボールPRESSBACK NUMBER

世界を知る女子バレー荒木絵里香が
コートで見せる大黒柱としての役割。

posted2018/10/17 10:30

 
世界を知る女子バレー荒木絵里香がコートで見せる大黒柱としての役割。<Number Web> photograph by AFLO

荒木は「自分の大きな仕事の1つだと思ってずっとやっている」とサーブへの心構えを明かす。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

AFLO

 荒木絵里香(トヨタ車体クインシーズ)のサーブは何かを起こす。

 現在開催中のバレーボール女子の世界選手権では、そんな場面が毎試合のように見られている。

 その最たるシーンが、2次ラウンド最終日の10月11日に行われたブラジル戦、第1セットだった。

 3次ラウンド進出を争うブラジルとの直接対決で、日本は1セットを取れば3次ラウンド進出が決まるという有利な条件だった。

 ところが今大会不調だったブラジルが、この日は1セットも落とさず勝つという明確な目標のもと、高い集中力で攻守ともに隙のないバレーを展開。世代交代したとは言え、2008年北京、2012年ロンドン五輪で連覇を果たした元女王に、日本はじりじりとリードを広げられた。

元女王の焦りを生んだサーブ。

 しかし、18-22の場面でサーブに下がった荒木が流れを変えた。

 ブラジルはサーブレシーブが得意ではないフェルナンダ・ロドリゲスを、ガブリエラ・ギマラエスがカバーするシフトを敷いていた。荒木はその2人が、どちらが取るのか迷う場所を狙って揺さぶると、石井優希(久光製薬スプリングス)が立て続けにスパイクを決めて20-22と追い上げる。

 さらに、荒木はエンドライン際にノータッチエースを決め、次はネットインボールがコートに落ちて22-22の同点。焦ったブラジルにミスが出て23-22とついに日本が逆転に成功した。最後は新鍋理沙(久光製薬スプリングス)のブロックが決まり、日本は大逆転で第1セットを奪い、3次ラウンドへの切符をつかんだ。

 たとえ第1セットを失っても、その後のセットを取り返せば3次ラウンドに進める。しかし荒木にはその考えはなかったと言う。

「私はブラジルの底力を今まで何度となく見てきているから、彼女たちがここで終わるわけがない、という怖さをすごく感じていた。だから何としても1セット目を取りたい、と強く思っていました」

【次ページ】 ジャンプ力は落ちてるけど。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

荒木絵里香
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ