沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

「今の日本で一番強い、特別な馬」
アーモンドアイが完勝で牝馬三冠!

posted2018/10/15 11:15

 
「今の日本で一番強い、特別な馬」アーモンドアイが完勝で牝馬三冠!<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

レースを終えて、クリストフ・ルメールは大きく息を吐いた。アーモンドアイに三冠を取らせる責任を感じていたのかもしれない。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 やはり、新たな歴史を築く可能性のあるスーパーホースだった。

 第23回秋華賞(10月14日、京都芝内回り2000m、3歳牝馬GI)を、クリストフ・ルメールが騎乗する1番人気のアーモンドアイ(父ロードカナロア、美浦・国枝栄厩舎)が優勝。史上5頭目の牝馬三冠を達成した。

 オークス以来、約5カ月ぶりの実戦となったアーモンドアイの馬体重は、前走からプラス14キロの480キロ。水曜日に美浦の坂路で49秒7という猛時計を叩き出し、さらに長距離輸送があってもこれだけ増えたということは、この馬にとってはオーバーワークでも何でもなかったということだろう。

 国枝調教師はこう話した。

「仕上がりの早い、気のいい馬なので、ぶっつけ本番になることに関しては心配していませんでした。それでも、仕上がりは、細かいところを考えると八分か、もうちょっと、といったところでした」

落ち着きのなさは休み明けの影響か。

 パドックではおとなしく周回していたが、ルメールを背にすると、後ろ脚で蹴る仕草をしたりと、テンションが高くなった。

 馬道から本馬場に入るときも、体の向きを変えるなどして鞍上を煩わせた。そのあたりは、休み明けだった影響か。

「今日はずっと心配だった。ゲートのなかでもチャカチャカして、スタートがあまりよくなかった」とルメールは振り返る。

 ややゆっくりとしたスタートを切ったアーモンドアイは、道中、中団より後ろの外目につけた。

 向こう正面では、逃げたミッキーチャームとの差は12~13馬身はあった。3、4コーナーで少し差は詰まったが、それでもまだ10馬身ほど離されていた。

【次ページ】 「もっと強くなったら、飛びます」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アーモンドアイ
クリストフ・ルメール

競馬の前後のコラム

ページトップ