沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

「今の日本で一番強い、特別な馬」
アーモンドアイが完勝で牝馬三冠! 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2018/10/15 11:15

「今の日本で一番強い、特別な馬」アーモンドアイが完勝で牝馬三冠!<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

レースを終えて、クリストフ・ルメールは大きく息を吐いた。アーモンドアイに三冠を取らせる責任を感じていたのかもしれない。

凱旋門賞がハッキリ視野に入ってきた。

 アパパネにつづく達成となり、史上初めて2頭の三冠牝馬の管理者となった国枝調教師はこう話す。

「アパパネのときと比べ、今回は馬のレベルにだいぶ差があると思っていたので、気が楽でした。まだ余裕があるので、これからいい夢を見させてくれると思います」

 その「夢」のなかには、凱旋門賞参戦も入ってくる。

「今日のパフォーマンスを見たら、世界にチャレンジする資格のある馬だと思います。ファンも私も夢を追っている。今までにないところに踏み込んでいきたいですね」

 凱旋門賞は母国のビッグレースだが、いまだ勝ちのないルメールも、当然、大歓迎だ。

「彼女はレベルが高いので、どこでも行けます。来年、凱旋門賞がメインターゲットになったら、とても楽しいです」

 次走は、既報のとおりジャパンカップか。

 古馬との初対決でどんなレースをするか、この秋華賞以上の衝撃を期待してもいいのかもしれない。

関連コラム

BACK 1 2 3
アーモンドアイ
クリストフ・ルメール

競馬の前後のコラム

ページトップ